ARTICLE

なぜ神社では、お金を入れてお祈りをするのですか?

外国人留学生から見たニッポン

  • 文学部
  • 在学生
  • 受験生
  • 卒業生
  • 企業・一般
  • 国際
  • 文化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

國學院大學文学部教授 小川直之

2015年7月27日更新

Q.日本に来て、神社を訪れたときに、お参りをしている人がお祈りをするときに、お金を入れていることに驚きました。このお金にはどのような意味が込められているのでしょうか。

Shortly after I came to Japan, I was surprised to see people offer money at shrines when they prayed. Why do Japanese people do this?

A.神仏への報謝は、「初穂」から「散銭」「賽銭」へ
From rice to coins as a token of gratitude to deities or Buddhas

現在では、神仏への崇敬や祈願の際に供える金銭を「賽銭」と呼ぶ。しかし、字義からは、「賽」は祈願が成就したときのお礼の意味をもつので、本来は、神仏への念願が叶った感謝の意を表すものであった。「賽銭」という言葉は16世紀後半の文献記録に見られるが、これ以前の15世紀前半には「散銭」という表現があり、神仏に金銭を投じて捧げたのがわかる。現在、社寺の賽銭箱に金銭を投げ込むのは、そのなごりである。 そもそも金銭を神仏に供えるのは、「初穂」といって、農山漁村で新しく収穫した作物や捕った魚などを神仏に供え、収穫や漁獲を感謝したのが始まりである。日本国内では、8世紀末の記録に、新しく貨幣を鋳造し、その新銭を神に供えたことが見え、貨幣の鋳造という行為にも「初穂」という考え方が適応された。こうした「初穂」が後に金銭に変わるのであり、「散銭」や「賽銭」という用語の使用は、貨幣経済が社会全般に浸透したことをあらわすものでもある。

img_01-1

Today, when we visit shrines or temples, we offer deities or Buddhas what we call saisen (賽銭 : monetary gift) as a token of our reverence for them or to ask for prayers to be fulfilled. This practice goes back to the 16th century. However, people originally followed the practice as a way of expressing their gratitude for the fulfillment of things they had already prayed for, as the word sai (賽) literally means going to shrines or temples to express thanks for the fulfillment of wishes. The word saisen appeared in documents compiled in the latter half of the 16th century. Prior to that, literature of the first half of the 16th century had a reference to sansen (散銭 : tossed coins), denoting that people cast coins into an offering box. The practice of making offerings at shrines or temples originally began as the ritual of hatsuho (初穂: first rice ears) in which residents in farming or fishing areas brought the season’s first crops or fish to shrines or temples in gratitude to the deities. Literature of the late 8th century refers to an event in which a new coin was minted and the newly minted coin was offered to a shrine in a ritual similar to the hatsuho offering. This led to the later use of monetary offerings. The subsequent coinage of the words sansen and saisen reflected the development of Japan as a monetary economy.

logo
2015年7月27日付け、The Japan News掲載広告から

MENU