ARTICLE

目上の人と別れるときに何と挨拶をすればよいでしょうか?

外国人留学生から見たニッポン

  • 文学部
  • 在学生
  • 受験生
  • 卒業生
  • 企業・一般
  • 国際
  • 文化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

國學院大學文学部教授 諸星美智直

2015年9月15日更新

Q.日本語で、目上の人と別れるときに何と挨拶をすればよいかわかりません。友達に対しては「じゃあね」「ばいばい」を使いますが、これは目上の人に対しては失礼でしょうか?

I don’t know the right Japanese words to say good-bye to people who are older than me. My friends and I usually exchange casual farewells, such as じゃあね (“See you later” or “Take it easy”) or ばいばい (“Bye-bye”).
Is it impolite for me to use these expressions with people who are older than I am?

A.「さようなら」は省略語
Sayonara is an abbreviated form of polite farewells

別れの挨拶語「じゃあね」は「では」が融合した「じゃあ」に終助詞「ね」がついたものである。「ばいばい」はもともと外来語由来で、幼児語的な挨拶語と意識される場合が多い。これらは共に敬意を伴った形式を加えることができないので改まった場面や目上に対して使いにくいようである。そこで別れの挨拶語としては「さようなら」を使うのが無難である。これも江戸時代には他にも「しからば」「さようなれば」「そんなら」など様々な形式があり、また敬語を伴って「さようならば明朝お目にかかりましょう」「さようならご機嫌よろしう」「さようならおしづかに」などの長い形式を使う場合もあったが、現代語ではあまり使わなくなった。就職活動で訪問した会社を辞去する時のように「さようなら」ではまだ敬意が足らないと思う場合は「(それではこれで)失礼させていただきます」と言えば十分敬意がこもった別れの挨拶語といえる。

img_01-1

Both of these phrases entered the Japanese language fairly recently, and both are considered casual ways of saying good-bye. This casual farewell derives from two words ― じゃあ(which comes from では meaning “now” or “well”) and the sentence-ending particle ね. As neither じゃあね nor ばいばい ― a loanword regarded in Japan as an expression used by children ― is considered entirely respectful, it’s best not to use them on formal occasions or in conversations with people who are older than oneself.

Instead, it’s safe to use さようなら(“good-bye”, “if it be so”) as a farewell. This commonly used word had many variants in the Edo period (1603-1867) : しからば, さようなれば, そんなら, etc. Also, people in those days tended to use some lengthy forms of さようなら(“if it be so”) to explicitly sound respectful. For example, they would say さようならば明朝お目にかかりましょう(“If it be so, I’ll see you tomorrow morning”) or さようならご機嫌よろしう(“With that, I’ll see you tomorrow”) or さようならおしずかに(“With that, I bid you a peaceful day”). These expressions are rarely used today.

For students who feel さようなら may not be deferential enough to say when leaving a company after a job interview, I recommend they say(それではこれで)失礼させていただきます(“Now please allow me to excuse myself”). This is sufficiently polite.

logo
2015年9月15日付け、The Japan News掲載広告から

MENU