EVENT

SEP30

第10回国家神道・国体論研究会
「「国体明徴運動下の社会と宗教―昭和10年前後を中心に―」再考」

  • 神道文化学部
  • 人間開発学部
  • 卒業生
  • 企業・一般
  • 政治経済
  • 文化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年8月9日更新

日時 平成29年9月30日(土)14:00~17:30
会場 國學院大學たまプラーザキャンパス1号館306教室 〔東急田園都市線たまプラーザ駅徒歩5分〕
問い合わせ 日本学術振興会平成29年度科学研究費助成事業(基盤研究(C))「国家神道と国体論に関する学際的研究―宗教とナショナリズムをめぐる「知」の再検討―」(研究代表者:藤田大誠 研究課題番号:15K02060)

第10回国家神道・国体論研究会
「「国体明徴運動下の社会と宗教―昭和10年前後を中心に―」再考」

【開催趣旨】
本研究会は、日本宗教学会第76回学術大会パネル発表「国体明徴運動下の社会と宗教―昭和10年前後を中心に―」(パネル代表者:小島伸之、平成29年9月17日(日)13:15~15:15、於東京大学本郷キャンパス)の内容について再考することを目的としている。同パネル発表は、原則として日本宗教学会会員のみが参加可能であるため、本科研共同研究としては、このパネルの内容を同学会外に開き、新たにコメンテーター2名を設定して歴史的観点からのコメントを受け、改めてじっくりと議論を行うことを考えている。 

【スケジュール】

14:00~14:05(5分)
 趣旨説明
 藤田大誠(國學院大學人間開発学部教授)司会

14:05~14:20(15分)
発表1「谷口雅春における天皇と日本―昭和10年前後の言説―」
寺田喜朗(大正大学文学部教授)

14:20~14:35(15分)
発表2「「国体明徴」と神社界・宗教界」
藤田大誠(國學院大學人間開発学部教授)
 
14:35~14:50(15分)
発表3「昭和10年前後の消防と国体」
小島伸之(上越教育大学大学院学校教育研究科准教授)
 
14:50~15:05(15分)
紙上参加の紹介
藤田大誠(國學院大學人間開発学部教授)
※紙上(レジュメ)参加1「昭和前期の宗教者における日系移民と国家帰属」
高橋典史(東洋大学社会学部准教授)
※紙上(レジュメ)参加2「昭和戦前・戦時期における「聖地」ツーリズム」
平山昇(九州産業大学商学部准教授)
 
15:05~15:20(15分)
パネルのまとめ
小島伸之(上越教育大学大学院学校教育研究科准教授)
 
〔10分〕
 
15:30~16:00(30分)
コメント
 畔上直樹(上越教育大学大学院学校教育研究科准教授)
 昆野伸幸(神戸大学大学院国際文化学研究科准教授)
 
16:00~17:30(90分)
討議

【申し込み方法】

※研究会の参加は無料ですが、準備の関係上、参加には事前申し込みが必要です。
※本研究会は一般向けの啓蒙的内容ではなく、あくまでも学術的・専門的な内容になります。その点を十分御了解の上でお申し込み下さい。
 
参加希望の方は、以下のメールアドレスに必要事項を記入の上、お申込みください。
担当者・藤田大誠(fudita(at)kokugakuin.ac.jp)
件名:第10回国家神道・国体論研究会申し込み
・氏名、御所属、職名(なるべく具体的に記入)、研究分野

このページに対するお問い合せ先: 「国家神道と国体論に関する学際的研究―宗教とナショナリズムをめぐる「知」の再検討―」ブログ

MENU