EVENT

NOV16

令和元年度 國文學會秋季大会

  • 文学部
  • 日本文学科
  • 全ての方向け
  • 渋谷キャンパス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月21日更新

下記の通り、令和元年度國學院大學國文學會秋季大会を開催いたします。
会員の皆様をはじめ、会員外の方のご来聴も歓迎いたします。なお、会費は無料です。

【一日目】

日 時

11月16日(土)午後1:30~午後4:30
 会 場  國學院大學130周年記念5号館3階 5302教室
 シンポジウム

日本文学と〈地図〉

   上代 名づけと境界線          土佐 秀里
   中古 平安文学の「富士」のイメージ    山田 利博           中世 具象から抽象へ          野中 哲照
   近世 風光の人を感動せしむる事     岡田  哲         ―俳枕・歌枕―           
   近代 森敦文学の〈地〉と〈図〉     井上 明芳
                  司 会  高橋 大助

【二日目】

日時

11月17日(日)午前9:30~午後4:15

会場

國學院大學130周年記念5号館3階 5302教室
研究発表会

〈 午前の部 〉(9:30~12:00)

●横光利一「機械」論 ―開示される非物語―     

                                                   國學院大學大学院生 松本 雅之       

●有吉佐和子「香華」論 ―テクストの〈香り〉―

                                        國學院大學大学院生 夏田 公理   

●日本書紀に見る国家統治の考え方と編修方針               ―「天皇之威」から「皇祖之霊」へ―

         日本学術振興会特別研究員PD 葛西 太一

 〈 午後の部 〉(1:00~4:15)

●乳をくくめる紫の上     國學院大學大学院生 亀谷 粧子

●『うつほ物語』の秘琴 

     ―「なん風」と「ほそを風」の入れ替わりを考える―   

                                                          國學院大學大学院生 本間 悠子

●『狭衣物語』飛鳥井女君の兄僧の造型

     ―藤原隆家・隆明父子をモデルとして―

                                                                       國文學會会員   太田美知子

●『狭衣物語』の和歌の改変   ―飛鳥井と今姫君との登場を中心に―

                                                           國學院大學名誉教授 豊島 秀範

ポスターPDFはこちら

このページに対するお問い合せ先: 文学部資料室

MENU