カリキュラム

2014年2月1日更新

 中国文学科では、「何をやりたいか・何を身につけたいか・何を知りたいか」という就学前の視点に立って、学科の科目を組み上げました。
 多くの大学では、学問分野によって専攻やコースが提供されていますが、未知の専門分野からイメージして、進路を選択するのは難しいのではないでしょうか。
 本学科では、まずは「興味と志望」を大切にします。入学前・入学後・進級後と、どの段階でも自分の関心にしたがって「選べる」ことを重視して講義をプログラミングしました。
 1年次はすべてのプログラムの導入的講義を受け、2年進級時に選択します。
 また、副専攻の制度を使えば、日本語教師や歴史学その他、本学の他学部他学科が提供する、さまざまな学問にもアプローチできます。

◎学科カリキュラムは、次の3種類に大別されています。

  1. 学科基幹科目
  2. プログラム専修科目
  3. 関連科目

1) 学科基幹科目

 学科基幹科目は、A《学修基礎科目》、B《学科基礎科目》、C《学科応用科目に分かれ、学科専門教育の根幹をなし、基礎力の修得から応用力の養成までを目指します。
 
A 《学修基礎科目は、中国文学を学ぶ上で必要となる古典の読解力の養成を目指します。

  • 中国古典読法(必修)は、段階ごとに1)(第1セメスター)、2)(第2セメスター)、3)(第3セメスター)が設けられ、文法を重視しながら古典読解力を高めます。
  • 中国古典読法基礎(選択)は、高校の新教育課程を考慮して、漢文未習、あるいは初歩の段階から学びます。

B 《学科基礎科目は、中国文学を学ぶうえで、各プログラムに共通の基礎力を養う講座が置かれており、いずれも必修です。

  • 中国学入門(第1セメスター)による、中国学の領域の概説。
  • 中国文学概説(第2セメスター)による、中国文学の概観と基礎理解。
  • 中国文学通史(第3セメスター)による、中国文学の概観と中国文学史の理解。
  • 中国語基礎演習(第1セメスター、週2回)・中国語演習(第2セメスター)などによる、中国語の基礎的理解と運用力の養成。
  • 唐宋詩文(第2セメスター)・論語(第3セメスター)・詩経(第4セメスター)・楚辞(第5セメスター)・文選(第6セメスター)の各演習による、それぞれの原典を用いた古典読解の応用力の養成。
  • 漢字情報処理1):第3セメスター、2):第6セメスター)による、情報処理・文献検索・文書作成などの基礎的技術の修得。

 以上は、学科における基礎学修の3綱目である、[1]古典理解[2]中国語の修得[3]コンピュータ・リテラシーの修得を目指しています。

C 《学科応用科目は、基礎科目を受けて第5セメスター以後に設けられています。研究演習からなり、個別展開的なテーマについて学修します。

  • 中国原典研究(1)~4))は、それぞれの原典を用いた、講読と研究。
  • 中国原典演習(1)~4))は、発展的な研究テーマの文献調査・読解力錬成・資料処理。
  • 卒業論文は、専門課程における学修研究の集大成として位置づけられ、卒業論文の大枠と準備を卒業論文1(第5セメスター)で学び、その準備のうえに卒業論文2 (第6~8セメスター)で論文をまとめていくカテゴリー別選択必修です。

2) プログラム専修科目

 プログラム専修科目は、A《導入科目》、B《プログラム基礎科目》、C《プログラム応用科目に分かれ、文学研究プログラム・中国語教養プログラム・中国民俗文化プログラム・人文総合プログラムに共通する基礎力を養います。

A 《導入科目は、第2セメスターに置かれ、第2セメスター終了後にプログラムを選択するために、各分野のイメージを形成するための科目です。

  • 現代中国概説・中国民俗文化概説・中国人文学概説(うち2科目を選択必修)は、各プログラムに進む基礎理解の修得(中国文学概説は、学科基礎科目・必修)。

※ プログラム選択制について
第2セメスターに導入科目群を受けた後、次の4つのプログラムのうち1つを選択します。第3セメスターからは、選択したプログラムの基礎科目・応用科目を重点的に学修することになります。

[1] 文学研究プログラム

『文選』の版本

 國學院伝統の古典研究を中核に、近現代文学にウィングを広げたプログラムです。中国文学を中心とする原典を数多く読み、研究を主軸に専門性を高めることに重点を置いています。教職や大学院進学の目標にも対応できます。

[2] 中国語教養プログラム

中国語でじゃんけん

 中国語リテラシー(読み書き・運用能力)の向上を主眼とします。選択者は全員2年生後期に中国の名門校である南開大學にセメスター留学(説明は8ページ)します。商社・観光会社など、直接現地と関わる仕事を目指す学生を想定したプログラムです。

[3] 中国民俗文化プログラム

中国の魔除け

 中国学の文献は士大夫―知識人―の立場から書かれていますが、文化の根底には民衆の生活があります。このプログラムは中国の多様で豊かな文化を育んできた民衆とその生活に関心を抱く学生を想定し、東アジア世界に広がる基層文化の理解を目指します。

[4] 人文総合プログラム

道教のお祭り

 幅広い中国理解を目指します。中国の思想・歴史・宗教・芸術など、中国文学を支えるさまざまな諸文化に関する知識を学び、総合力を養います。多様な関心を抱き、中国学の総合的な知識を生かす仕事を目指す学生を想定したプログラムです。

B 《プログラム基礎科目は、プログラム導入科目を受けて第3~4セメスターに置かれ、各プログラムのより幅広い知識を修得する科目です。プログラムごとに1)~3)の3科目が置かれています。

  • 中国文学基礎は、史伝や近現代の小説など、実際の作品や個別作者の作品を講読します。
  • 中国語学基礎は、現代の中国について学んだ上で、中国語の歴史・応用・背景を学びます。
  • 中国民俗基礎は、衣・食・住などにわたる中国の生活文化や習俗を学び、民俗文化の特質を学びます。
  • 人文総合基礎は、中国の社会の仕組みや中国人の考え方、歴史などを学び、広く中国文化を学びます。

C 《プログラム応用科目》は、第5セメスター以後、各プログラムを深く研究するために、発展的な見方や応用力を養うために置かれた科目です。

  • 文学研究プログラムは、中国文学特殊講義A・B、中国学特殊講義(文学)などを通して、近現代文学や小説、諸子の文章、日中文学の比較などを学び、応用力を養います。また、日本文学概論日本語学概論などを通して日本文学・日本語学の大要を学びます。
  • 中国語教養プログラムは、中国語教養特殊講義A・B、中国学特殊講義(中国語応用)などを通して、中国語の会話・聴力、作文、翻訳や通訳を含む読解など、技術や実務に役立つ中国語を学び、応用力を養います。
  • 中国民俗文化プログラムは、中国民俗文化特殊講義A・B、中国学特殊講義(生活文化)(思想・宗教)などを通して、中国の伝説や儀礼、芸能、食文化などを学び、応用力を養います。
  • 人文総合プログラムは、人文総合特殊講義A・B、中国学特殊講義(思想・宗教)(歴史)(芸術)(言語文化)などを通して、中国の思想、学術、芸術などを史的視座で学び、また文字学や中国諸民族の文化などを学び、応用力を養います。

 以上は、プログラムごとの選択であり、プログラムごとにカテゴリーがあります。

3) 関連科目

 関連科目は、日本文学科の科目ですが、主に国語科教員を志望する者に必須とされる日本文学概論1)・2)日本語学概論1)・2)が置かれています。
 学修基礎科目の中の中国古典読法基礎、および関連科目は自由選択の科目です。修得単位は、全学オープン科目(24単位)に算入されます。

全学オープン科目について

 全学オープン科目は、積極的に学び取る姿勢を期待して設けられた領域で、全学的に運用されています。単位区分上は、専門科目からでも、教養総合科目からでも履修できるようになっており、また、共通領域に指定された科目であれば、全学科・全学部にわたる横断的履修も可能です。中国文学科では、原則としてプログラム応用科目全体を共通領域として開放しており、本学科所属の学生が、専門科目で88単位を満たすことにも対応しています。したがって、専門に徹したい場合に本学科の専門科目から選択することも、一方、自らの興味と必要性から多様な科目を、全学から集めて自分のオリジナル・カリキュラムを組むことも可能です。

中国語関連科目について

中国文学科では、教養総合・外国語科目の必修外国語として中国語が指定されています。
1年次(中国語基礎A・B)と2年次(中国語中級A・B)で週2時間ずつ履修するように設定されており、これに、学科科目の中国語基礎演習(前期集中2時間)・中国語演習1)・中国語演習2)を加えると、中国語に関しては充分な時間数が確保されていると考えてよいでしょう。

【中国語学修の流れ】

  学科専門科目 留学・講座等 教養総合科目
1年前期(第1セメスター)
 
夏 季 休 暇
1年後期(第2セメスター)
 
春 季 休 暇
2年前期(第3セメスター)
 
夏 季 休 暇
2年後期(第4セメスター)
 
春 季 休 暇
3年前期(第5セメスター)
 
夏 季 休 暇
3年後期(第6セメスター)
春 季 休 暇
 
4年前期(第7セメスター)
夏 季 休 暇
4年後期(第8セメスター)
中国語基礎演習
(前期集中週2時間)
中国語演習1)
 
 
 
中国語演習2)
中国語教養基礎1)
 
セメスター留学
(天津・南開大學)
 

 
中国語教養特殊講義AB・
中国学特殊講義(中国語応用)等
 
 
短期留学(天津・南開大學)
中国語検定対策講座
 
短期留学(上海・復旦大學)
セメスター留学事前研修
 
短期留学(南開大學)
 
 
短期留学(復旦大學)
 

 

協定留学

短期留学(南開大學

中国語基礎A1
中国語基礎B1
 
中国語基礎A2
中国語基礎B2
 
中国語中級A1
中国語中級B1
 
中国語中級A2
中国語中級B2
 

 
中国語上級1)2)・
資格中国語 等

卒業論文について

 3・4年次のカリキュラムは、卒業論文を選択するか否かで大きく変わります。
 卒業論文は、いうまでもなく専門領域における学習の集大成として行う研究です。研究とは、自ら問題を発見し、方法を選び、資料を博捜し、論理を駆使して作成するものです。その形体は多様であって、積極的に対象に当たり、自己の目的を充分に達成することが重要です。したがって、中国文学科では、その初発の段階から積極性が問われる〔卒業論文選択制〕を採っています。
 
 卒業論文を大学生活の総まとめとして書こうと考える諸君は、まず3年次前期(第5セメスター)において卒業論文1 を履修してください。卒業論文を書くにあたっての心構え、問題の見いだし方、資料収集・資料分析の方法などについて、さまざまな角度から講じていきます。諸君には卒業論文1)を履修した上で、卒業論文を書くかどうかの判断をしてもらいます。この卒業論文1を履修していないと、卒業論文2 を履修することができません。
 
卒業論文への取り組みが十分に準備でき、卒業論文を書くことを決めた諸君は、3年次後期(第6セメスター)から卒業論文2 を履修し、4年次後期(第8セメスター)に設定される期日までに卒業論文を書き上げ、提出することになります。卒業論文2 は専門領域における学習の集大成です。専任教員の個別指導が主眼です。
 
 大学における勉学の根本は、自分でテーマを見つけ、自分で調べ、努力して自分の考えを構築するところにあります。とくに卒業論文は、諸君が自ら決めたテーマをもとに、専攻分野で培ってきた文学研究の方法を駆使して、実際に自らの論をうち立てるもので、いわば初めて自分の学問的立場を確立するという大きな意義があります。その意味において、大学院への進学や教員を志望する者はもちろんのことですが、ぜひ多くの諸君が、卒業論文を選択し、卒業論文を書き上げて卒業してもらいたいと思います。
 
 卒業論文1 は3年次前期(第5セメスター)に開講されますが、諸君は日頃の学習の中から、また2年次までに受講する専門の講座を通じて、自分の問題意識を高めていくこと、つまり、自分自身が何に興味を持ち、何に関心を抱いているのか、そのことをまず心に置いて、何を取り上げて研究したらよいだろうかと考える姿勢が大切です。
 「問題の関心は大きく、研究題目は小さく」が、研究題目を決めるにあたっての基本原則ですが、研究についての考えがまとまりそうであったり、または疑問が生じた場合には、学科の教員に相談してください。教員は具体的に、そのテーマについての先行研究や学界状況、調査していくべき必要な資料、またその調査方法などを個別指導します。
 論文は書き進めていくうちに、何度も困難にぶつかることになりますが、そのたびに原典などにあたり、先学の論文をよく読んで、自分の考えを育てて、やり抜いてください。その成果はたとえ小さなものであっても、がんばり抜くことが、必ず諸君の今後の生き方において大きなプラスになるはずです。

このページに対するお問い合せ先: 文学部資料室

MENU