公開講座

2018年5月28日更新

本学では、生涯学習・社会人教育の観点から、人々が「より文化的で」、「より豊かに」、「より充実した」生活をおくれるよう、日本文化や歴史・神道を中心に多彩な内容の講座を開講しています。規模や回数、コンセプトから、「オープンカレッジ」「公開古典講座」「伝統文化に学ぶ講座」「たまプラーザ公開講座(教養)」「文化講演会」「地域連携講座」と6つのカテゴリーに分け展開し、首都圏にある大学の中でも有数のラインナップを誇っています。参加資格は不問ですので、これを機会にぜひ参加されてみてはいかがでしょうか。

各種講座の紹介

オープンカレッジ

本学公開講座(生涯学習)の基幹となる講座です。本学研究者の研究内容を踏まえ、5回または10回の講座を半年から8ヶ月間開講しています。50数講座の多彩なラインナップを用意しています。特定の分野を深く学びたい方にはおすすめの講座です。

公開古典講座

昭和初期に開講した「萬葉講座」の流れを受け継いだ伝統ある講座です。また、本学が最も得意とする古典文学作品を扱った講座で、短期集中型(夏期の5日間)の講座です。

伝統文化に学ぶ講座(東京・大阪)

昭和25年に文部省の後援のもと、主に華道関係者の教養を高める目的で「華道学術講座」として開設し、昭和33年からは大阪市内においても開催しています。平成13年度から内容を古典文学・民俗学など伝統文化に関するものに拡大したのに伴い、名称を「伝統文化に学ぶ講座」に改め、華道関係者をはじめとする多くの方々の受講を得ています。毎年夏のシーズンに東京と大阪を会場に、伝統文化(古典文学・民俗学)をテーマにした1日集中講座です。

たまプラーザ公開講座(教養)

たまプラーザキャンパスが開講した昭和60年から毎年9月中旬に開催している講座で、文学、史学、宗教、教育、法律、経済等々、専門の分野からその時々の タイムリーなテーマを題材に企画しています。

文化講演会

毎年1回、主に本学渋谷キャンパスで開催する文化講演会です。エンターテイメント性も加味したコンサートなども行っています。

地域連携講座

外部からもゲストを招いて、渋谷駅再開発に伴う渋谷の街の展望や、料理教室、雅楽のコンサートなどバリエーション豊富なテーマで開催する不定期講座です。

このページに対するお問い合せ先: エクステンションセンター

MENU