EVENT

JUN17

平成29年度 國學院大學國文學會春季大会

  • 文学部
  • 日本文学科
  • 全ての方向け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年5月12日更新

下記の通り、平成29年度國學院大學國文學會春季大会を開催いたします。
 会員の皆様をはじめ、会員外の方のご来聴も歓迎いたします。なお、会費は無料です。

【一日目】

日 時

6月17日(土) 午後1:30~午後4:30

会 場 國學院大學130周年記念5号館3階 5302教室
シンポジウム

国語科教育の今、これから ―学習指導を考える―

 次期学習指導要領が求めるもの
          東京都立広尾高等学校校長 佐藤 和彦

 高等学校国語科指導の実際        
   ―教材として読む文学作品―
      東京都立板橋有徳高等学校主任教諭 廣瀬  愛

 文学教育史素描      國學院大學准教授 高山 実佐

      コーディネーター 國學院大學教授 高橋 大助

【二日目】

日 時 6月18日(日) 午前9:30~午後3:30
会 場  國學院大學130周年記念5号館3階 5302教室
研究発表会

 午前の部(9:30~12:00)

● 福田恆存「芥川龍之介論(序説)」における批評文学観
   ―昭和一〇年代の〈私〉をめぐる言説を背景として―
            國學院大學大学院聴講生 長谷川雅美
 
● 安部公房『箱男』論―合わせ鏡に浮かぶ夢―
          國學院大學大学院特別研究生 斎藤 朋誉

● 南方熊楠と『甲子夜話』   國學院大學兼任講師 伊藤 慎吾

午後の部(1:00~3:30)

●『竹取物語』と勅撰漢詩集 ―竹と月を中心に―
              國學院大學大学院生    本間 悠子                                     
 
●『枕草子』道隆の登場     國學院大學大学院生    村田  駿

● 光源氏と葵の上との結婚
   ―「問はぬはつらきものにやあらん」
            という言葉の意味するもの―  
               國學院大學助教 大津 直子
 

 

このページに対するお問い合せ先: 文学部資料室

MENU