EVENT

DEC19

第31回 国学院大学日本語教育研究会

  • 全ての方向け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年11月22日更新

第31回 国学院大学日本語教育研究会を下記の通り開催いたします。

皆様のご来聴を歓迎いたします。なお、会費は無料です。

日時 2021年12月19日(日)午後1時~4時05分(日本時間。開場12:50)
場所 オンライン(ZOOMミーティングによる) 
発表

発表1(13:00-13:35):
発表者:丁文静氏(国学院大学大学院生)
題目:コーパスによる格助詞性複合助詞「について」「に関して」「に対して」「にとって」の時代別出現状況の調査
   ―『まとめて検索 KOTONOHA』を用いて―
                   
発表2(13:35-14:10):
発表者:顧偉長氏(国学院大学大学院生)
題目:中国語を母語とする日本語学習者の日中同形語の日本語独自義における誤用を減らすための提案
   ―O(1)型同形語を中心に―

発表3(14:10-14:45):
発表者:舟本正太郎氏(国学院大学大学院生)
題目:留学生を対象としたWEB制作上流工程を学ぶPBL教材の開発

発表4(14:55-15:30):
発表者:杉松香苗氏(国学院大学大学院生)
題目:幕末から明治初期の西洋人による口語文典・会話書における存在動詞「(~が)ある」「(~が)いる」の意味用法

発表5(15:30-16:05):
発表者:伊藤孝行氏(北海道大学)
題目:『近代日本語教科書語彙索引』にみる固有名詞

お申し込み・

お問い合わせ

申込方法:以下のフォームにアクセスし,お申し込みください。当日申込・当日参加はできません。

   申し込みフォーム
     
申込期間:11/21(日)09:00 – 12/12(日)17:00 (日本時間)

国学院大学日本語教育研究会
     wakagi1103@gmail.com
     http://www2.kokugakuin.ac.jp/~moroho/page6.html

このページに対するお問い合せ先: 若木タワー11階 1103研究室(日本語教育学)

MENU