カリキュラム

2016年8月8日更新

2つのコース

 外国語文化学科には、「外国語コミュニケーションコース」と「外国文化コース」の2つのコース
が設置されています。
 「外国語コミュニケーションコース」は、必修外国語(英語)および選択外国語(ドイツ語・フランス
語・中国語)のコミュニケーション能力を徹底的に養い、主体的な異文化コミュニケーションを実践
できる人材の育成に重点が置かれるコースです。
 「外国文化コース」は、学際的・総合的に外国文化を学び、国際社会において主体的に活躍できる
人材の育成に重点が置かれるコースです。1年次では外国語文化学科の学生全員が両コースの学問領
域を概括的に学び、2年次から各自がそれぞれのコースに分かれて専門的な学習を進めます。

文学部外国語文化学科カリキュラムマップ

カリキュラムマップとは

  1. 外国語文化学科の「人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的」を、どの科目において具体的に考究・指導するかを概念的に示した見取り図である。
  2. 外国語文化学科に所属する学生が、学修の計画を立てる際の目安である。外国語文化学科専門科目の目的と内容を「学修・教育目的の一覧」として掲げてある。学生ひとりひとりが履修計画を立てる際の参考として活用してほしい。
  3. 学内外に対して、外国語文化学科の教育方針の概略を示すための資料でもある。

外国語文化学科 人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的(学則第2条の4)

外国語文化学科は高い外国語能力を習得し、外国文化を学際的・総合的に学ぶことによって、高度なコミュニケーション能力と問題を論理的に分析解決する能力とを備え、国際社会において主体的に活躍できる人材を育成することを目的とする。

カリキュラムマップ:学修・教育目標の一覧

A 知識・技能
A1 日本語および外国語で伝えられる事柄を、正確に理解することができる。
A2 多様な文化的差異を、その歴史や背景とともに理解することができる。
A3 日本語および外国語で自分の思いや考えを伝えることができる。

B 思考力・判断力・表現力等
B1 日本語および外国語で伝えられる事柄を、共感的・論理的に理解することができる。
B2 異文化と言語の学びにより、日本文化の理解を新たにすることができる。
B3 日本語および外国語によって、効果的なコミュニケーションを行うことができる。

C 主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度
C1 文化的背景の異なる他者に対して配慮することができる。
C2 日本文化の理解を深め、それを世界に発信することができる。
C3 グローバル社会の諸問題に、主体的に関わることができる。

どの科目が「学修・教育目標の一覧」の項目(A~C)に対応しているかを示した表です。

このページに対するお問い合せ先: 文学部資料室

MENU