EVENT

NOV11

國學院大學人間開発学会第9回大会公開シンポジウム「最新のスポーツ科学をどうやって教育現場で活用するか?」

  • 人間開発学部
  • 卒業生
  • 企業・一般
  • 文化
  • たまプラーザキャンパス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月11日更新

日時 平成29年11月11日(土)13:00~17:30
会場 國學院大學たまプラーザキャンパス1号館講堂 〔東急田園都市線たまプラーザ駅徒歩5分〕

 

第1部「大学で学ぶべきスポーツ科学」
  「競技力向上のためのマネジメント」
杉本 龍勇(法政大学経済学部 経済学科教授)
 研究領域はスポーツ経済学ならびにスポーツ経営学。陸上競技の短距離選手として1992年のバルセロナオリンピックに100mと4×100mリレーに出場。4×100mリレーでは、戦後初の入賞(6位)に貢献。スポーツ指導者として陸上競技はもちろんのこと、サッカーやラグビー、野球などのフィジカルトレーニングに関する指導に携わる。現在はサッカーの岡崎慎司、吉田麻也や宮市亮などを指導している。
  「トップアスリートに対する科学的サポートを広く教育に活かすには」
窪 康之(国立スポーツ科学センター スポーツ科学部副主任研究員)
 専門分野はスポーツバイオメカニクス。新島学園短期大学コミュニティ子ども学科准教授などを経て現職。日本のトップレベル競技者の競技力を評価・診断して、競技力の向上に役立つデータやアドバイスを提供。特に、北島康介選手、松田丈志選手などの日本代表競泳陣に帯同し、これら医・科学支援はオリンピックでのメダルラッシュの一助となった。
第2部「大学での学びを教育現場で活用するには」
  「発育発達から考える適切な指導」
村上 佳司(國學院大學人間開発学部 健康体育学科教授)
  「スポーツ心理学を教育現場でどう活用するか」
伊藤 英之(國學院大學人間開発学部 健康体育学科助教)
  「ICTを用いた運動指導とバイオメカニクス」
神事 努(國學院大學人間開発学部 健康体育学科准教授)

國學院大學人間開発学会 第9回大会公開シンポジウムポスター(pdf)

主催:國學院大學人間開発学会
   國學院大學人間開発学部
共催:國學院大學教育開発推進機構

【申込不要】【参加無料】 
TEL:045-904-7719(人間開発学部資料室)
E-mail:hd_society(at)kokugakuin.ac.jp

このページに対するお問い合せ先: 國學院大學人間開発学会

MENU