EVENT

DEC11

令和4(2022)年度国際研究フォーラム「ミュージアムでみせる宗教文化」

  • 全ての方向け
  • 国際
  • 文化
  • 渋谷キャンパス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年10月28日更新

国際研究フォーラム
「ミュージアムでみせる宗教文化
Displaying Religious Cultures: A Museum Perspective

 「宗教文化」について学ぼうとする際に、文字で書かれたものが重要であることはいうまでもないが、物体としてのモノや、実践としてのコトも、また欠かすことのできないものである。本国際研究フォーラムでは、こうしたモノやコトをみせる場としてのミュージアムに焦点を合わせ、その実践や可能性について考えたい。

 全体を2部に分け、第Ⅰ部「大学ミュージアムの中の宗教文化」では、宗教系大学に設置されている大学ミュージアムの展示担当者に登壇をお願いし、宗教系大学という、ある意味で特定の宗教伝統と当事者的に関わっている立場から、どのような展示の試みがなされているのか、報告してもらって議論する。第Ⅱ部「多様性の中の日本の宗教文化」では、アメリカにおける日系人の宗教文化や、アイヌの宗教文化についての展示について報告してもらい、それらの豊かさについて学びながら、同時に日本で「日本の宗教文化」をみせようとする際の自明性のようなものを、少し異なる視点から照射してみたい。
 
 第Ⅰ部・Ⅱ部を通して、必ずしも宗教実践の直接の現場ではないミュージアムにおいて、どのように宗教文化をみせることができるのか、またデジタル化やインターネットを通じた公開が進む今、モノを現実空間でみせるということに、どのような意味があり、どういった工夫をしているか、といった点などについても議論を深めたい。

【日時】 2022年12月11日(日)13:00~17:30
   開場・受付開始は12:30

【会場】 國學院大學渋谷キャンパス 120周年記念2号館 1階 2101教室
   開催形式:対面

 ※社会情勢に応じて、開催形式に変更の生じる場合がございます。予めご了承ください。 

【発題者・題目】 ※〔 〕内は進行の目安時刻につき、前後する場合がございます。
[第Ⅰ部
大学ミュージアムの中の宗教文化

  • 深澤太郎(國學院大學博物館准教授)
    来て、見て、体感する神道と日本の宗教文化
  • 熊谷貴史(佛教大学宗教文化ミュージアム学芸員)
    展示するモノと展示するコト:仏教文化の視点から
  • 下園知弥(西南学院大学博物館助教・学芸員)
    キリスト教展示の現状と課題:諸教会の文化をいかに展示するか?

[第Ⅱ部多様性の中の日本の宗教文化

  • エミリ・アンダーソン(全米日系人博物館学芸員)
    強制収容所内の信仰と宗教:アメリカの日系人博物館を通して考える日系人の多様な宗教経験
  • 北原モコットゥナシ氏(北海道大学アイヌ・先住民研究センター准教授)
    アイヌ文化展示が照らす日本・東アジアの宗教

【コメンテーター】

  • [第Ⅰ部]田澤恵子(公益財団法人古代オリエント博物館研究部研究部長)
  • [第Ⅱ部]高橋典史(東洋大学社会学部国際社会学科教授)

【主催】 國學院大學 研究開発推進機構 日本文化研究所

【使用言語】日本語

【参加費】無料

【参加申込について】参加をご希望の方は、下記Webページの[申込フォームの①か②のどちらかより、12月4日(日)までにお申し込みください。

[申込フォーム①](フォーラムのみ)

[申込フォーム②](フォーラム+展示見学)
※定員に達しましたので、フォーラム+展示見学については、受付を終了しました。
 フォーラムのみご参加の方は引き続きお申し込みいただけます。

プログラム[PDF]
※現在調整中です。

チラシ[PDF]
※こちらからダウンロードいただけます。

 

《展示見学のご案内》

深澤太郎(國學院大學博物館准教授)展示担当者がせる宗教文化

【日時】2022年12月11日(日)シンポジウム終了後、17:45~(30分程度を予定)

【展示情報】國學院大學博物館ホームページ・特別展「走湯山と伊豆修験-知られざる山伏たちの足跡-

【受付】事前予約制。上記[申込フォーム②]よりお申し込みください。
※國學院大學博物館のホームページからは、展示見学にお申込みいただけません。

※申込受付は感染症対策の都合により先着順となっております。また、博物館での受け入れ準備の都合上、当日のお申し込みは受付できません予めご了承ください。

このページに対するお問い合せ先: 研究開発推進機構事務課

MENU