EVENT

JUN15

令和元年度 国史学会 大会・総会

  • 文学部
  • 史学科
  • 全ての方向け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年5月14日更新

令和元年度 国史学会大会・総会を下記の通り開催いたします。
会員以外の方の来聴も歓迎いたします。
(参加費無料)

期  日 令和元年6月15日(土)・16日(日)
会  場 國學院大學 渋谷キャンパス
15日 
〇総会
13時~14時
〇公開講演
14時~17時

6月15日(土) 会場:渋谷キャンパス 5号館 5202教室

・奄美諸島編年史料編纂の成果と課題 石上 英一  氏 (東京大学名誉教授
・遣唐使・遣渤海使の報告に見る唐の情勢 金子 修一  氏(國學院大學 教授)

15日
〇懇親会
17時30分~
 会場: 若木タワー 18階 有栖川宮記念ホール
 会費: 一般3,000円 学生会員1,000円   非会員学生2,000円
 16
〇部会報告
13時~17時

 6月16日(日) 会場:渋谷キャンパス3号館 

〇第1部会(古代史) 3307教室
・皇太子憲平の立太子と居所選定について
    長島  泰明 氏
・律令制下における三后の実態
    桜田 真理絵 氏
・『日本書紀』と「日本紀」についての一考察
    細井  浩志 氏
〇第2部会(中世史) 3308教
・御成敗式目と「式目追加」雑考 – 原式目論再検討のために – 
    木下 竜馬 氏
・戦国期初頭における日野家の政治動向について
    森    成史  氏
・中近世移行期の皇位継承と武家権力
    矢部 健太郎 氏
〇第3部会(近世史) 3302教室
・いわゆる「白山争論」の再検討 
    石田  文一   氏
・江戸幕府三番頭任免に関する基礎的研究
    飯塚 学 氏
・慶応期上書提出運動における江戸留守居役の動向
    宮澤  歩美   氏 
〇第4部会(近現代史) 3310教室
・日露戦争と北方海域 – ポーツマス条約漁業権条項を中心に –
    高橋 亮一 氏
・地方長官会議と陸軍
    中村 崇高 氏
・第一次世界大戦と日本の平和主義 – 大日本平和協会の動向を中心に – 
    片山 慶隆 氏

 

このページに対するお問い合せ先: 文学部資料室TEL:03-5466-0246

MENU