金杉 武司

教授

金杉 武司

カナスギ タケシ

所属
文学部 哲学科
研究分野
西洋現代哲学、心の哲学、メタ倫理学、形而上学
  • 研究・教育活動

    学位

    博士(学術) (2003年2月 東京大学 博総合第403号)

    研究テーマ

    論文

    An Assessment of the Philosophical Theories of Perception and the Issues the Direct Perception Theory Needs to Address(2021/04/15)

    The Hard Problem of Consciousness and the Perspectivalness of Phenomenal Properties(2021/02/14)

    著書

    『ワードマップ心の哲学―新時代心の科学をめぐる哲学の問い―』(2017/07/06)

    心・魂・精神―心の科学の時代に哲学は心について何を言えるのか?―(座談会記事)(2016/02/15)

    詳細を見る

教員からのメッセージ

 哲学を学ぶということは、過去の哲学者たちの思想を知ることではありません。過去の哲学者たちが取り組んできた哲学的問題、つまり真理・善悪・美などの人間にとって基本的なものごとの本質は何かということについて自分自身でも考えられるようになること、これが哲学を学ぶということに他なりません。しかし、哲学的問題について自分だけで考えるのはとても難しいことです。そのため、哲学では、同じ問題について考えている「仲間」と議論することがとても大切です。哲学科には、そのような「仲間」がたくさんいます。われわれ哲学科の教員もその「仲間」たちの一人です。このような「仲間」たちとともに、充実した4年間を過ごしてみませんか?

MENU