校史・学術資産研究(紀要)第1号

2017年4月7日更新

A5判189頁 平成21年3月9日発行

―目次―
<創刊の辞> 阪本是丸

<研究論文>
明治後期の皇典講究所・國學院の研究教育と出版活動 (藤田大誠)
「柿本人麻呂の妻」論 ―武田祐吉論を始点として― (倉住薫)

<資料翻刻>
武田祐吉博士旧蔵『古今和歌集』秋歌上について ―本文と校異― (笹川勲)
國學院大學図書館所蔵『鎌倉大草紙』について(上) (堀越祐一)
近世における諸大名の日光参詣 ―享保期の高槻藩主永井直期・杵築藩主松平親純の事例から―  (宮原一郎)
堀秀成著『田令歌・戸令歌・賦役令歌』 ―國學院大學『河野文庫』所蔵史料の紹介― (宮部香織)

このページに対するお問い合せ先: 研究開発推進機構事務課

MENU