NEWS

『共存学4 多文化世界の可能性』刊行のお知らせ

  • 全ての方向け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年4月17日更新

國學院大學研究開発推進センター【編】
古沢広祐【責任編集】
A5版 272頁 平成29年3月15日(弘文堂:定価2,500円+税)

弘文堂ホームページへ(外部リンク)
 

目次

 

共存学がめざすもの
 -時代背景と本書の構成-(古沢広祐)

第一部 グローバル世界における共存の諸相
 音楽文化にみる現代フランスの移民と郊外
―告発の声、融和への模索―(笠間直穂子)
イスラームとの多様な「共存」
―マレーシア、イギリス、日本におけムスリム女性―(安達智)
 共存の歴史として描かれたもの
―ポーランドのユダヤ人の歴史博物館―(加藤久子)
 台湾の多文化共存から「歴史」を考える
―文化財保存の現場から―(武知正晃)
 中国ナシ族の過去と現在
―急速な観光地化にゆれる生き様と「共存」―(黒澤直道)

第二部 日本・歴史・宗教と共存する世界
文化としての神道と多元主義(松本久史)
「多文化共生」と宗教をめぐる研究が切り開く地平(高橋典史)
アメリカ生まれの新宗教と共存への模索
―越境する宗教にみられる適応戦略の事例―(杉内寛幸)

第三部 グローバル変動下で共存を模索する試み
トランプ時代におけるアメリカの多文化主義(ヘィブンズ・ノルマン)
 ナショナリズムの世俗性をめぐる断想―社会的共存とのかかわりを考える―(菅浩二)
多文化主義・社会関係資本・コスモポリタニズム―新しい「共存」イメージを求めて―(苅田真司)
持続可能な発展と多文化世界―環境・平和・人権・多様性をめぐる新動向―(古沢広祐)

 

既刊『共存学3:復興・地域の創生、リスク世界のゆくえ』

國學院大學研究開発推進センター【編】
古沢広祐【責任編集】

敵対を超えて、相互理解と多様性を尊重するために
二つの大戦、さらに東西冷戦をくぐり抜けて、平和と繁栄を謳歌する時代になるかにみえた世界に濃い靄が漂い始め、あらためて「共存」が問われている。未知なるリスク世界の時代に差しかかり、どう共存するか? その道筋を探る。
(弘文堂紹介文より)

A5版 256頁 定価2,500円+税
詳細はこちらを御覧ください(リンク

000057863

既刊チラシはこちらからダウンロード出来ます(PDF形式)

このページに対するお問い合せ先: 研究開発推進機構事務課

RELATED ARTICLES

MENU