准教授

新井 大祐

アライ ダイスケ

所属
教育開発推進機構
研究分野
中・近世神道思想史、社寺縁起
  • 研究・教育活動

    学位

    修士(神道学)

    研究テーマ

     中世から近世初頭の神祇書・神社縁起に見る神祇信仰の思想史学及び文献学的研究

    論文

    「中世の『日本書紀』註釈に見る『古事記』観-「三部書」言説を標として-」(2018/03/)

    「「学生の社会性向上」の観点から見るSAによる「教員補助」の意義と可能性-國學院大學におけるスチューデント・アシスタント制度の取組から-」 (2017/03/)

    著書

    『伊勢神宮と日本人-式年遷宮が伝える日本のこころ-』(2013/08/)

    『日本の神様-出雲と伊勢の神物語-』(2012/01/)

    詳細を見る

教員からのメッセージ

[専門研究]
 中世中期から近世初頭における神祇書や神社縁起等に看取される神道説・神祇関連説話などに焦点を当て、それら「言説」の成立や受容の歴史をたどりながら、神祇へ対する人々の実際の信仰の営みとの関連について、思想史学・文献学的観点から研究を進めている。
 近年では、とくに中世期の吉田家における神社研究とその成果である『諸神記』『諸社根元記』等を中心とした諸社関連文献の成立の問題を中心に、同家における知・学の継承や、諸国神社・神祇信仰との関わりについての調査研究を進めている。
[教育開発]
  “教える側”であるわれわれ教員が、どのようにすれば学生に対して“上質な教育”が提供でき、学修がより進展するのかということを考える「FD(ファカルティ・ディベロップメント)」活動の企画運営・マネジメントを中心に、本学の教育活動のさらなる活性化支援に取り組んでいる。

MENU