准教授

佐川 繭子

サガワ マユコ

所属
教育開発推進機構
研究分野
中国古典文献学、中国古代思想
  • 研究・教育活動

    学位

    修士(文学)

    研究テーマ

    論文

    「漢文教授ニ関スル調査報告」の基礎的研究(2019/03/29)

    劉歆『世経』の示す歴史認識について(2016/11/01)

    著書

    世界人名大辞典(2013/12/01)

    『新書漢文大系 史記〈列伝二〉』(2003/05/01)

    詳細を見る

教員からのメッセージ

[専門研究]
漢代の学術思想、とくに史書に見える当時の学術観や、その反映でもある歴史観を研究しています。漢代には儒教の地位が高まりましたが、儒教が台頭する過程や様相に関心を持っています。
また、日本人が中国語を読むために生み出した漢文訓読という行為(技法)にも関心があり、現代行われている訓読法の成立過程やその後の状況を研究し、現代の漢文訓読はいかにあるべきか、自分なりの解を得たいと思っています。

[機構業務]
主に学修支援に関わっています。かつて外国語の自主学習という視点を得たこともあり、学生が卒業後も自主的、自立的な学習を続けられるような支援を心がけていきます。
自身の研究対象は漢代の学術ですが、その人にとって重要なこと、あるいは世の中が必要としていること、処世のために必要なことを学ぶという点は、時代や対象が違っても共通です。学ぶという行為について考え続けているわけですが、それを学生に還元できるようにしたいと思います。

MENU