学内ワークスタディ

2018年4月9日更新

学内ワークスタディとは?
「学内ワークスタディ」とは、学生が、大学内における様々な事業やそれに伴うイベント、あるいは授業・学生生活を支援するための補助的な業務にスタッフとして従事する活動のことです。國學院大學では、この活動を学内における「就業体験(インターンシップ)」と位置づけています。学内において、教員や他の学生たちと交流しつつ業務に従事することを通して、職業意識や勤労観を涵養し、また、経済的な支援を行うところにその目的があります。

《ワークスタディを通して身につけて欲しい意識・能力》

・大学ひいては社会に対して、自分の果たすべき役割は何かということを考える(社会貢献に対する意識の向上)
・将来、社会に出て、様々な人と協力することの大切さを知り、そういった行動ができるようになる
(職業意識・勤労観の涵養)
・教員や仲間とコミュニケーションをとりつつ、必要なスキルを磨き、チームにおける自分の役割を果たす
(社会人基礎力の育成)

※詳細は各担当部署にお問合せください。

SA

大人数講義における担当教員の授業運営に対する支援を通じて教育効果の向上をはかるため、SA制度を実施しています。

New   平成30年度4月から活動の新規採用の募集期間を延長しました

教員を目指している方、大学の授業運営に興味がある方、学内ワークスタディに興味がある方、新年度を機になにか新しいことに挑戦してみたい方、
下記募集要項をご確認のうえ、是非ご応募ください。

平成30年度SA募集要項

平成30年度SAエントリーシート(様式①)

 

不明な点や質問等ございましたらお気軽に教育開発推進機構事務課までお問合せください。

たくさんのご応募、心よりお待ちしております。

<問合せ先>教育開発推進機構