平成27年度若木チャレンジ賞 受賞者一覧

2016年11月28日更新

個人の部

  1. 谷口 翔(経営学科 4年)※奨励金5万円
    テーマ:世界大会に出場するためのマイクロソフトオフィススペシャリスト
    自ら目標を掲げ努力した結果「MOS世界学生大会2015」日本大会ワード部門 大学・短期大学部門入賞。
    述べ47,000名の応募の中、他部門を含め一次選考通過者180名に残った快挙を評価された。
  2. 赤津 大地(経済学科 3年)※奨励金5万円
    テーマ:映画館の接客コンテスト全国大会における部門1位の受賞について
    アルバイト先で培ったスキルを基にイオンシネマ全国10の大会部門1位30名に入り、全国大会に出場。
    結果、第2回イオンエンターテイメントロールプレイングコンテスト全国大会のチケット売り場部門において
    1位受賞したことを評価された。
  3. リュウ サイモン(神道文化学科1年)※奨励金5万円
    テーマ:諸国一の宮巡拝・全国紀行
    巡拝・紀行の多くは本学入学前のものであるが、目的達成のために語学を学び、運転免許を取得するために
    努力し、全国の一の宮(102社、108所)すべてを巡拝した。また、神道や日本の伝統文化を真摯に学ぶ姿勢や
    向上心が評価された。

(※学生の所属は、平成27年度時のものです。)

団体の部

  1. 国際協力サークル~優志 ※奨励金20万円
    テーマ:高校生訪問授業プロジェクト
    大学生が国際協力に関心を抱き行動すること自体貴重であり、カンボジアでの支援活動の経験を生かし、さらに下の世代まで波及させるため自分たちで高校と連絡を行い授業を実施したことはチャレンジであり、優志の新たな取り組みであり評価できる。
  2. 管弦楽団 ※奨励金20万円
    テーマ:國學院大學管弦楽団 第50回記念演奏会
    テーマに「平和」を掲げ、1930年代後半のソビエト連邦という過酷な社会状況の中でも人々の希望となった「D.ショスタコ-ヴィチ」の作品を取り上げ、平和へのメッセージとした。また、平和への貢献活動として、演奏会のチケット収益のうち、団の運営上支払可能な上限30%を国連難民高等弁務官事務所へ募金を行った姿勢が評価された。

このページに対するお問い合せ先: 若木育成会事務局(國學院大學 総務部校友課 内)

MENU