若木育成会会長挨拶

2017年5月22日更新

平成29年度 若木育成会会長 加藤 圭子

 皆様こんにちは。 平成28年度若木育成会会長の加藤圭子でございます。國學院大學が創立135周年を迎える節目の年に、このような大役を務めさせていただけますことを大変光栄に思っております。至らぬ点も多々あるかと思いますが、会員の皆様・大学教職員の皆様・院友の皆様のご協力を頂きながら、学生のために精一杯務めてまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 若木育成会は國學院大學に通う学生の保護者約1万人により運営されており、在学生に対する「徹底的な支援」を実施するために活動している組織です。学生を取り巻く環境は、私たち親の世代が学生だった頃とは大きく変わっております。学生が充実した大学生活を送れるように応援するのはもちろんのこと、活動にご参加いただくことで、保護者の皆様のご心配・ご不安を少しでも解消するお手伝いができればと思っております。

 そのためには主に3つの事業がございます。1つ目は、「支部の集い」です。北海道から南は沖縄まで全国56か所に大学教職員の方々に出向いていただき、学業や就職に関する情報提供や個人面談を行っていただきます。求人倍率が上向きになっているとはいっても、まだまだ就職活動は厳しいものです。大変な思いをしながら頑張っている学生を理解し見守っていくために、このような会を役立てていただければと思います。

 2つ目は、秋に実施される「キャンパス見学会」です。今年は10月21日(土)に渋谷・たまプラーザ両キャンパスで行われます。施設見学や模擬授業など学生気分で楽しんで下さい。今年も神道文化学部主催の「観月祭」も開催されますので、國學院大學ならではの雰囲気を味わっていただけるのではないでしょうか。  

 3つ目は「学生への積極的な支援」です。奨学金の支援、就職活動への強化9部会を始めとする各部活・サークルへの支援を行っています。また、「若木チャレンジ賞」として学内外を問わず他の学生模範となるような積極的な活動をした個人・団体を表彰しています。各支部では研修旅行なども行っておりますので、保護者の皆様には、活動を通して情報交換するとともに、互いの親睦を深め楽しんでいただければと願っております。

 若木育成会では、1人でも多くの学生が國學院大學に通ってよかったと自信をもって社会に巣立っていけるよう、全力で応援して参りますので、皆様のご協力をお願い申し上げます。

このページに対するお問い合せ先: 若木育成会事務局(國學院大學 総務部校友課 内)

MENU