助教

上西 亘

カミニシ ワタル

専門分野
近世・近代の国学、博物館学
本学就任
2013年04月01日
担当教科
神道と文化、神道と文化999

著書・論文紹介

昭和戦前期において多大な影響力を持つ政治学者の藤沢親雄の思想を取り上げた。当初、西欧の近代思想と日本の國體の比較に徹する態度から、次第に日本と天皇を万国の中心と捉える国学者の言説に影響を受けていく藤沢の思想を分析した。

他の著書・論文を見る

教授からのメッセージ

「昭和前期における神道・国学と社会」においては、大国隆正や佐藤信淵など幕末の国学者が近代思想史においてどのような位置付けであったかを研究している。

MENU