村 和男

教授

村 和男

ムラ カズオ

専門分野
民事弁護実務、司法制度
本学就任
2005年04月01日
担当教科
法律学特講(リーガル・ライティング)、教養総合演習(法教育)社会のなかの人間019

著書・論文紹介

1992年から学者・弁護士の共同研究を続けた成果をまとめ、司法改革を市民の視座から進めるべき事を各分野の一線の論稿により提言しようとしたもの。編者の一人として、執筆・編集に関わる。「第Ⅳ章 司法の実情と改革の課題」のうち「規制緩和論と司法改革」を執筆。

4年半の改革協の審議を総括し、今後の司法改革の課題を検討したもの。

市民に身近な法律・税務問題を公認会計士との共同研究により、わかりやすく解説しようとしたもの。法律編を執筆。

他の著書・論文を見る

教授からのメッセージ

 「基本的人権の擁護と社会正義の実現」、これが弁護士法第1条の定める弁護士の使命です。もちろん、一朝一夕で出来ることではなく、弁護士1年生から弁護士の仕事を終えるまでの生涯の課題です。現在、社会の軋みが激しくなり、様々な人権侵害や社会的不正義があふれています。こうした時代の中で、一人一人の人間の尊厳を心から大切にし、社会の中で正義を実現するために、志をもって仕事をする法律実務家の役割がますます大切になっています。私は、法曹倫理・リーガルライティング、リーガルクリニックなどを担当しますが、理論と実務の架橋を心がけ、学生諸君と大いに議論しながら、時代と社会から求められている法律実務家のあり方を共に考えていきたいと思います。考える力・表現する力・説得する力を大いに身につけてほしいと願います。

MENU