今井 秀智

教授

今井 秀智

イマイ ヒデノリ

専門分野
刑事訴訟法、刑事訴訟実務、法教育
本学就任
2004年04月01日
担当教科
刑事訴訟実務の基礎、リーガルクリニック(法教育)

著書・論文紹介

他の著書・論文を見る

教授からのメッセージ

 刑事訴訟法は、刑法を始めとするの刑事実体法(要件→効果)を適用・実現するための手続法です。したがって、実務における実際の手続をどれだけ修得できるかがポイントになります。そのためには訴訟当事者となって手続を体感するのが一番なのですが、学生の身分ではそうはいきません。そうすると拠り所は「条文」。刑事訴訟法の条文を規則とともにじっくり読み込むことです。起訴状や証拠調請求書、保釈申請書等の手続書類のひな型を見て、具体的な手続をイメージしながら条文を読みましょう。 もちろん判例や学説も大切ですが、条文で手続をしっかり修得すれば、刑事訴訟法の8割は達成と言っていいでしょう。騙されたと思って、まずは条文を読みましょう!決して、騙していませんから。。。

MENU