伊藤 英之

助教

伊藤 英之

イトウ ヒデユキ

専門分野
スポーツ心理学
本学就任
2008年04月01日
担当教科
スポーツ心理学、スポーツ心理学演習、演習、演習・卒業論文、導入基礎演習、教育インターンシップ

著書・論文紹介

本研究は,競技スポーツ経験が間隙に対する視知覚判断および歩行中の間隙回避行動に影響を与えているのかを検討することを目的とした。実験参加者は競技レベルの高い大学生アスリートとし,専門とする競技スポーツの特性の違いによりラグビー群とソフトテニス群の2群に分け,視知覚判断および間隙回避行動について比較した。結果,競技スポーツ経験は,歩行によって間隙を通過するという日常行動に影響を与えているということが考えられ,ラグビーフットボールのようなプレー中に人と人との間隙を通過することを多く経験するようなスポーツの実施は,歩行中の間隙に対する回避行動の効率性を向上させることに有効である可能性が示唆された。

他の著書・論文を見る

教授からのメッセージ

大学を卒業する自分は、どんな自分になっていますか?
目標は正しく立てると行動の質を変えます。なりたい自分をイメージするだけでなく、なりたい自分になるための行動も考えましょう。
未来を見据えながら、積極的にトライ&エラーを繰り返し、成功のための経験をたくさん積んでいきましょう!

MENU