加藤 季夫

教授

加藤 季夫

カトウ スエオ

専門分野
生物学
本学就任
1986年04月01日
担当教科
理科実験・観察法(生命)、理科実験・観察基礎論、生物学概説、環境と技術(生物の生存・繁殖戦略と脳)、人間と自然002、導入基礎演習、演習(人間開発学部)、環境と技術(動物の歴史とヒトへの歩み)、地球と環境103、▲自然の見方02、演習・卒業論文(人間開発学部)、環境と技術(命を支える水と食料)、人間と環境098

著書・論文紹介

他の著書・論文を見る

教授からのメッセージ

立ち止まって回りを見渡してみましょう。様々な植物が様々な環境下で生きています。空を見れば鳥たちが、足下の地面を見れば蟻などがいることにも気がつくかと思います。この地球は人間だけが生きているのではなく、多種多様な生物がお互いに深く関連しあって1つのシステムを作り上げているのです。大学での学修の目的の1つはこの世界の多様性をしっかりと認識することであり、担当する授業ではヒトという生き物を題材として生物界・自然界の多様性を学んでいきます。また多様性を学ぶためには体験が不可欠なので、畑で野菜や芋などの栽培も行っています。植物栽培に関心のある人は集合しましょう!

MENU