教職課程に関する情報公開

2018年9月6日更新

 本学は、今日まで、質・量ともに、充実した人材を教育界に輩出してきました。
 本学の教職課程は、教員免許状を取得したい学生を対象とする資格課程であると同時に、問題への山積みする現代の学校や社会の中で、様々な課題に応えることのできる個性豊かな教員へとみなさんを育てていく教員養成課程です。

本学のめざす教員養成像

 國學院大學は、大学としての人材育成の目的を「神道精神に基づき人格を陶冶し、諸学の理論並びに応用を攻究教授し、有用な人材を育成すること(國學院大學学則第一条)」と定めています。ここでいう神道精神とは、「日本人としての主体性を保持した寛容性と謙虚さ」と解されています。これを受けて各学部・学科はそれぞれの専門分野に根ざした人材育成の目的を定め、その達成に向けたカリキュラムを運用しています。
 本学の教員養成課程は、各学部・学科の人材育成をふまえつつ、さらに教員として身につけるべき能力・資質を以下のように定め、教員養成に取り組んでいます。
本学は、昭和30年代から平成にかけ、国語(古文・漢文を含む)、地理歴史を中心に8千名にのぼる中等教育の教員を輩出してきました。高い専門性に基づく教科指導力を伝統としながら、新たな社会環境の変化や学校・地域社会を取巻く様々な課題にも対応できる教員の養成をめざします。

文学部のめざす教員養成像について

経済学部のめざす教員養成像について

法学部のめざす教員養成像について

神道文化学部のめざす教員養成像について

人間開発学部のめざす教員養成像について

このページに対するお問い合せ先: 教育開発推進機構 教職センター

MENU