事業・活動

2019年6月27日更新

教育開発センターが企画・推進する、本学における組織的な教育力の向上促進のための事業・活動報告を公開します。

「学生による授業評価アンケート」の実施

 「教育の質保証」維持の試みとして、前期・後期に各1回ずつ、学生の授業に対する「満足度」を把握するための授業アンケート実施を行い、年度ごとの『分析報告書』を作成します。

「FD推進助成(甲・乙)事業」の実施

 教育開発センターでは、従前のFD講演会などの全学単位での教育力向上の取り組みに加え、学部や教員グループ単位での自立的な「組織的職能開発」を推進するため、各学部等において自主的に計画されたFD関連事業に対する助成を行っています。学部単位の事業(甲:学部FD推進事業)と、グループ単位の事業(乙:グループによるFD推進事業)の概要および成果報告は、以下のページで公開しています。(乙事業は平成29年度開始)

「FDワークショップ」の企画・開催

 教育開発センターでは、本学教員の教育能力向上を支援するため、新任教員研修、および全国私立大学FD連携フォーラムのコンテンツに基づくワークショップを実施しています。本学の校史について学ぶほか、シラバスの執筆方法、適切な成績評価の在り方などをテーマとして、講師のレクチャーとグループワークを通じてスキルアップを図っています。

学生スタッフ(SA)による授業補助の運営

学生スタッフが大人数授業の担当教員を補助することを通して、授業の教育効果向上を目指すSA(スチューデント・アシスタント)制度を実施しています。本制度は、学生が、学内における教育支援活動等に参加することを通じて、学生自身の社会性向上に資することを目的とする「学内ワークスタディ」のひとつとして位置づけられています。

  • SA(スチューデント・アシスタント)制度運用に関する内規(抄)

    第2条 SAは、原則として、履修登録期間の一定時点に教育開発センター委員会の定める人数を超える学生及び科目等履修生が履修登録し、かつ渋谷キャンパスで開講される授業について、授業運営の補助にあたる。

    第3条 SAは、以下の各号に掲げる業務を行う。
    (1)教材・資料の準備(印刷・運搬のみ)及び配布
    (2)出席カード、コメントペーパー等の配布・回収・整理
    (3)AV機器等の運搬・設定準備及び操作
    (4)小テスト・リポートの配布・回収
    (5)SAの業務改善・資質向上に関わる活動
    2 SAは、以下の各号に掲げる業務を行ってはならない。
    (1)成績評価(採点関係業務・コメント執筆・評価決定など)
    (2)小テスト・学年試験等の監督
    (3)受講生の受講態度等に対する注意
    (4)教材の作成作業
    (5)SA自身が履修している授業の補助
    (6)その他、個人情報を扱い又は知りうる業務
    3 SAを配置する授業の担当教員は、第1項に掲げる業務の遂行によってSAが不利益を被ることのないよう常に努めなければならない。

    第4条 SAとなることのできる者は、本学の学部に在学する2年生以上の学生とする。

このページに対するお問い合せ先: 教育開発推進機構事務課

MENU