事業・活動

2019年6月28日更新

ここでは学修支援センターが進める、学生の学修支援や、学生生活を通じた社会人基礎力の修得促進のための各種事業・活動を公開していきます。

学修支援センター相談室

大学という環境で勉強をしていると、1人で考えていても、また、誰かに相談してもなかなか活路が見いだせないことがあるでしょう。そんな時は、その悩みを放ったらかしにせず、ぜひ当相談室に来てください。我々スタッフが、どうしたらよいのか一緒に考える相談相手になります。そして、必要に応じて大学内の様々な部署と連携し、問題解決のための“あと押し”をします。ここは、國學院大學での学修に関する、悩み解消の“場”です。どうぞ、気軽に来てみてください。

  • 学修支援センター相談室について

    場所

    渋谷キャンパス百周年記念館1階

    開室(受付)時間

    月曜日~金曜日(10:00~18:00)(祝日および大学休業日は除く)

    ※ 昼休み 12:50~13:50 は閉室
    ※ 夏季・冬季休暇期間等、変更する場合があります。その都度ホームページでお知らせします。

    主な相談内容

    ・自習の仕方に不安がある
    ・進級・履修に関して確認したい
    ・授業の事を質問したくても、どこに行けばいいのかわからない
    ・専門的な資格を取るにはどうしたらいいんだろう
    ・授業からさらに進んだ学修がしたい

    スタッフ紹介

    センター長 東海林 孝一 准教授
    専任教員 佐川 繭子 准教授
    鈴木 崇義 准教授
    佐藤 紀子 助教
    学修支援相談員
    教育開発推進機構事務課学修支援担当職員

     

障がい学生等への学修支援

学修支援センターでは、「國學院大學 障がい学生支援に関する基本方針」及び「國學院大學 障がい学生支援に関するガイドライン」に基づき、障がい学生等に対し学修にかかわる支援をおこなっております。
障がいや病気が理由で学修に悩んでいる方。一人で抱え込まず、まずは学修支援センターにご相談ください。

「國學院大學 障がい学生支援に関する基本方針」 「國學院大學 障がい学生支援に関するガイドライン」

また、障がい学生支援の一環として、ノートテイク支援を行っております。関心がある方は以下をご参照ください。

ノートテイク支援の取り組みについて

ボランティアステーション

ボランティアステーションは主に以下の事業を行います。
ボランティアに興味がある方、ボランティア活動をしてみたいという方、お気軽に相談しにきてください。

  1. 國學院大學が企画・運営するボランティア活動への支援
  2. 学外団体から依頼されるボランティア情報の発信
  3. 学内ワークスタディ情報の発信
  4. その他ボランティア活動への支援を行うために必要なこと

「学部学修支援推進事業」の実施

学修支援センターでは、学部における学生への専門教育に係る個別的、具体的な学修支援・学修指導の推進を支援するため、学部学修支援推進事業を実施しています。

令和元年度の事業は以下のとおりです。

法学部 フェロー(専門型TA)を用いた法学部学生に対する個別的学修支援
経済学部 学生ファシリテイター配置によるグループワーク形式授業学習支援

 

学修・学生生活に関する情報(リンク集)

このページに対するお問い合せ先: 教育開発推進機構事務課

MENU