准教授

戸村 理

トムラ オサム

所属
教育開発推進機構
研究分野
教育学・教育社会学、高等教育論
  • 研究・教育活動

    学位

    博士(教育学) (2014年10月 東京大学 博教育第237号)

    研究テーマ

    大学経営に関する歴史比較研究

    論文

    「授業評価アンケートから見た授業外学習時間に関する基礎的考察」(2018/03/01)

    「米国リベラルアーツ・カレッジの経営とその危機―スイートブライヤー・カレッジの閉鎖とその撤回を巡る分析―」(2018/03/01)

    著書

    『戦前期早稲田・慶應の経営-近代日本私立高等教育機関における教育と財務の相克-』(2017/03/30)

    アカデミアの戦略的ガバナンス研究(2016/03/05)

    詳細を見る

教員からのメッセージ

[専門研究]
近代における私立高等教育機関の経営について、財源の調達と配分という観点から歴史研究を行っています。私立高等教育機関が授業料収入に依存する経営構造であることは、日本に限ったことではありません。とりわけ近代においてはその傾向が今より顕著でした。財源に余裕が無い中で、どのように教育・研究と財務のバランスを成し得たのか。財源の多様化手段の一つである寄附金や、教職員の給与管理といった観点から研究を行っています。

[教育開発]
平成27年度より教育開発推進機構教育開発センターで、FD活動やアクティブ・ラーニングに従事しています。昨今、社会の大学教育に対する要求は高まる一方です。ですがあらゆる要求に応える唯一無二の不変的な大学教育モデルは、あり得ないと思います。理論と実践の積み重ねを通じて、國學院大學における可変的な大学教育モデルを見出したいと考えます。

戸村 理 准教授 の記事

他の記事を見る

MENU