お問い合わせアクセスマップキャンパス案内サイトマップ文字サイズ文字サイズ小中 大
國學院大學
授業・学生生活

4.ワンポイントアドバイス

印刷する

2015年4月16日更新

1)一人暮らしをする方へ

急に気分が悪くなったり、病気になった場合に備えて、日頃から家族・友人はもちろんのこと、
近郊の親戚などにも連絡がとれるようにしておきましょう。
 
また、救急箱の準備(体温計、風邪薬など)、居住近辺の医療機関の確認をしておくとよいでしょう。
 
 


2)インフルエンザなど、登校停止感染症の診断書について

病院で下記の感染症の診断を受けた場合は、保健室へ電話で連絡をしてください(感染症発症報告)。
感染症は、他の人にうつさないことが大切です。そして学内での集団感染を防止するため、登校はせずに自宅で療養してください。
医師からの『登校可能』との判断により授業に出席してください。
また、その際は、下記のフォーマットによる診断書を保健室に提出してください。
(病院の診断書でも構いませんが、「診断名」「出席停止期間」「医療機関名・印」の記載をご確認ください)
なお、授業欠席に関する手続きをご希望の方は、「履修確認表」もしくは「時間割表」を合わせて提出してください。
 
< 登校停止感染症 >
 インフルエンザ、百日咳、麻疹(はしか)、流行性耳下腺炎、風疹、水痘、咽頭結膜熱(プール熱)、
 結核、腸管出血性大腸菌感染症、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎など 

< 手続きに要するもの >
 ・登校停止感染症 診断書
 ・履修確認表 もしくは 時間割表
 ・ご自身の印鑑(記載間違えの際の訂正印として使用)

< 診断書フォーマット >


授業期間についての欠席手続きは、必ず行わなくてはいけないものではありません。
 (出席日数をご確認いただき、手続きの要・不要をご検討ください)
手続きの有無に関わらず、「保健室への発症報告」は必ず行ってください。

< 注意!! >
基本的に、7月・1月の授業終了後は欠席手続きを行うことができません。
回復し、大学に来られるようになったら早めに手続きを済ませてください。

手続きのながれについては、下記PDFをご参照ください。




このページに対するお問い合せ先: 保健室

保健室
保健室
利用案内
健康診断
キャンパス周辺の医療機関
ワンポイントアドバイス
年間行事予定
リンク集
健康コラム&ニュース