お問い合わせアクセスマップキャンパス案内サイトマップ文字サイズ文字サイズ小中 大
國學院大學
授業・学生生活

特定寄付金による支援制度

印刷する

2016年1月12日更新

本学の卒業生、元職員、学生のご遺族の寄付金により制定され、目的に応じて給付される奨学金制度です。

あすなろ奨学生(給費)
目的 元本学職員である川副登美氏の篤志で昭和58年4月に発足し、同氏のご逝去に伴い、新たにご遺族から寄付された金員を基に運営するもので、勉学意欲があり、経済的理由により修学困難な者を奨励する
給付額 年額30万円
対象 学部学生2~4年生 
選考方法・基準 家計状況・学業成績・面接
担当窓口 学生生活課・たまプラーザ事務課
備考  
カピー奨学生(給費) 
目的 元本学職員である放生章子氏の篤志により設けられたもので、向上心があり、経済的事由により著しく修学が困難となった学生の勉学を助成する
給付額 年額30万円
対象 学部学生1~4年生
選考方法・基準 家計状況、学業成績、面接
担当窓口 学生生活課・たまプラーザ事務課
備考  
田村祥浩君記念奨学生(給費)
目的 元本学学生で、在学中輪禍に遭遇した故田村祥浩君の御遺族から寄付された金員を基金として平成3年4月に制定され、経済的に困窮している学生を援助する
給付額 年額15万円
対象 学部1~4年生で次の3条件のいずれかに該当する学生
[1]神道文化学部に所属する学生
[2]神道を研究する学生で卒業後に神職を志す学生
[3]神道に関する研究に従事しようとする学生
選考方法・基準 家計状況、学業成績、面接
担当窓口 学生生活課・たまプラーザ事務課
備考  
平野英司君記念奨学生(給費) [平成23年度より運用休止]
目的 類稀なる善行のあった元本学学生、故平野英司君のご遺族から寄付された金員を基金として昭和60年12月に制定され、経済的に困窮している学生を援助する
給付額 年額15万円
対象 学部4年生 
選考方法・基準 家計状況、学業成績、面接
担当窓口 学生生活課・たまプラーザ事務課
備考  
教職支援奨学金(給費)
目的 本学卒業生の元教員の篤志により平成19年7月に発足したもので、教職を目指す堅固なる意志を持つ者を奨励する
給付額 20万円限度
対象 学部2年生以上で、卒業後に教職を志す者
選考方法・基準 家計状況、学業成績、面接
担当窓口 学生生活課・たまプラーザ事務課
備考  
弘田ふるさと奨学金制度(給費) ※平成28年度新設
目的 本制度は、國學院大學経済学部名誉教授である弘田嘉男先生の寄付金を基に制定され、家計が困窮している地方出身学生に対し、在学時の経済的な負担と不安を軽減することを目的とする。
給付額 年額70万円 ※原則4年間給費(継続審査あり)
対象 (1) 家計を支持する保証人が、1都3県(東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県)  を除く地域に居住している者
(2) 自宅外通学者である者
(3) 経済的に著しく困窮している者
(4) 向学心と修学意欲があり、学業成績が良好な者              (5)國學院大學修学支援奨学金制度(後期採用)採用予定者(1年次のみ)                                            (6)出願資格は学部1年次のみとする
選考方法・基準 家計状況・学業成績・面接
担当窓口 学生生活課・たまプラーザ事務課
備考 希望者は、國學院大學修学支援奨学金制度(後期採用)に出願してください。



このページに対するお問い合せ先: 学生生活課・たまプラーザ事務課