お問い合わせアクセスマップキャンパス案内サイトマップ文字サイズ文字サイズ小中 大
國學院大學
法科大学院

学費・経済支援

印刷する

2015年7月13日更新

國學院大學法科大学院では、
学費を減額、奨学金制度を拡充することにより、
経済的負担を軽減し、学びたい人が学べる環境を整えています。
 


学費


 

一般入試

社会人特別入試

入学金

25万円

25万円

授業料

95万円

47万5千円

施設設備費

20万円

20万円

初年度納付金計

140万円

92万5千円

*授業料には、リーガルクリニックの費用を含みます。
*本学学部、大学院出身者は入学金・施設設備費がそれぞれ5万円となります。 
*この学費は、平成25年度入学者から適用となります。


奨学金


適性試験特別奨学金

【國學院大學法科大学院適性試験特別奨学制度】(一般入試・社会人特別入試入学者対象)
 
 この奨学金は、「法科大学院全国統一適性試験」の成績優秀者に対し、入学後、下表のとおり支給するものです。
 適性試験の成績割合は、適性試験管理委員会が公表する分布表に基づきます。奨学金支給対象となる適性試験の点数は、分布表が公表され次第(7月中旬から下旬)、本ホームページで発表します。
 
 
 

適性試験成績割合

支給額
(一般入試)

支給額
(社会人特別入試)

備考

上位20%以上

95万円

47万5千円

年間授業料相当額

上位35%以上、20%未満

63万円

31万6千円

年間授業料の3分の2相当額

上位50%以上、35%未満

47万5千円

23万7千円

年間授業料の半額相当額
 ※2年次以降は、学年成績上位40%以内などの所定の要件を満たしている場合、給付が継続されます。
 ※國學院大學法科大学院奨学金との併用受給はできません。
 


國學院大學法科大学院奨学金

【國學院大學法科大学院奨学制度】(一般入試合格者のみ対象)

 この奨学金は、本学「國學院大學法科大学院奨学制度規程」に定めるところにより、入学試験の成績優秀者ならびに各年度の成績優秀者に、各学年6名以内の者(定員の2割)に対し、次の定めるところにより支給するものです。

  支給額:標準コース、短縮コースとも
    第1位の者は、95万円(年間授業料全額)
    第2位の者は、63万円(年間授業料の約3分の2)
    第3位以下の者は、47万5千円(年間授業料の半額)を支給します。

 ※適性試験特別奨学制度との併用受給はできません。
 ※この奨学金額は、平成25年度入学者から適用となります。


日本学生支援機構奨学金

【日本学生支援機構奨学金(法科大学院対象)】
 この奨学金は、優れた学生で経済的な理由により就学困難な学生に対して、学費等の貸与を行うことにより、国家及び社会に有為な人材の育成に資するとともに、教育の機会均等等に寄与することを目的としています。
 貸与奨学金ですので、法科大学院修了後、返還が義務付けられています。

 第一種奨学金(無利息):月額50,000・88,000円(希望により選択)
 第二種奨学金(利息付):月額5・8・10・13・15万円(希望により選択)
            ※15万円を選択した場合は希望により4万円または7万円の増額貸与あり。


提携ローン利子補給制度

 入学予定者に対して、提携銀行(三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行)と在学期間中の元金据え置きや金利優遇された法科大学院教育ローンを用意しています。

【法科大学院教育ローン利子補給制度】
 この制度は、本学「法科大学院教育ローン利子補給制度規程」の定めるところにより、上記提携銀行と法科大学院教育ローン契約をした法科大学院生に対し、在学期間中に限り、返済に係る利子を補給します。




このページに対するお問い合せ先: 大学院事務課(法科大学院)

法科大学院
お知らせ
ロースクールTOPICS
理念・概要
教育の特色
学習支援
司法試験合格者の声
活躍する修了生
施設・設備
教員紹介
学費・経済支援

統計データ