お問い合わせアクセスマップキャンパス案内サイトマップ文字サイズ文字サイズ小中 大
國學院大學
インフォメーション

平成24年度教育開発シンポジウム「私立大学における学士課程教育と教養教育のこれから」

印刷する

2013年2月13日更新

平成24年度教育開発シンポジウムポスター
平成24年度教育開発シンポジウムポスター

國學院大學創立130周年記念事業
 平成24年度 教育開発シンポジウム
 
私立大学における学士課程教育と教養教育のこれから
  ―建学の精神・キャリア教育・質保証―
 
【主催】 國學院大學教育開発推進機構
【共催】 國學院大學研究開発推進機構校史・学術資産研究センター
【日時】 平成25年2月16日(土) 13:00~17:30
【会場】 國學院大學渋谷キャンパス
         学術メディアセンター(AMC)1階   常磐松ホール
【参加申込】 2月15日(金)正午締め切り
 
       ※報告者・パネリストに一部変更がございます。
 
【開催趣旨】
 私立大学における「建学の精神」に基づく教育を語る上で、専門教育とともに、全学的に行われる教養教育(共通教育)を欠かすことはできない。殊に明確な人材育成の目的に基づいた学士課程教育プログラムの設計が求められている現在、教養教育こそ各大学の「建学の精神」と個性を活かした人材育成のフィールドとなることが期待されている。
 しかし、そのためにはまず、各大学の学士課程教育における教養教育の位置づけやプログラムとしての体系性が改めて問われなければならない。もはや校史や宗教科目の履修のみが「建学の精神」に基づく教育、という時代ではないとするならば、「建学の精神」をどのように教養教育に活かし、学士課程教育のなかに組み込んでいくべきなのであろうか。
 さらに、そうして提供される教養教育は、だれが責任を持ってコントロールし、いかに質を保証してゆけるのであろうか。また、近年の“キャリア形成科目”に代表されるような、伝統的な教養教育には存在しなかった科目の多様化、汎用的能力やスキル獲得を中心とする潮流は、これからの教養教育にどのような影響を与えるのであろうか?
 以上の問題意識に基づき、本シンポジウムでは、私立大学の「建学の精神」を活かした学士課程教育の構築を摸索するため、主に教養教育とその質保証、さらにキャリア教育との相関という点から検討する。
 


第1部 基調講演

「青年の心に太い支柱を!」
講師 鳥居泰彦氏(元慶応義塾塾長、元中央教育審議会会長、國學院大學理事)
 

第2部 シンポジウム

【報告者・パネリスト】
「龍谷大学における建学の精神と「仏教の思想」」
  長谷川岳史氏(龍谷大学大学教育開発センター長、経営学部教授)
 
「教養教育の担うもの-建学の精神は伝わるのか-」
  柴崎和夫氏(國學院大學教育開発推進機構共通教育センター長、人間開発学部教授)
 
「教養教育と建学の精神―同志社大学の事例報告―」
  圓月勝博氏(同志社大学 文学部教授)
 
【コメンテーター】
川島啓二氏(国立教育政策研究所高等教育研究部総括研究官)
鳥居泰彦氏
 
【司会】
加藤季夫(國學院大學教育開発推進機構長)
 
【その他】
・シンポジウムおよび情報交換会ともに事前申込み制
 
※予定しておりました寺﨑昌男氏によるご報告「『現代のリベラルアーツ』と私学教育」につきましては、
 寺﨑氏の病気加療による入院のため取りやめとさせていただきます
 なお、終了時刻等の変更はございません。(2月12日)

【参加申込方法】

お名前(ふりがな)、ご所属、連絡先(メールアドレス、または電話番号)、情報交換会への参加の有無を、下記のメールフォームにご記入の上、お送り下さい。FAXでお申し込みの場合は、下記のチラシ&申込書(PDF)にご記入の上、下記番号までご送信下さい。
 
※ 準備の都合上、シンポジウムへの参加受付は、2月15日(金)正午にて締め切らせていただきます。
 
※ 情報交換会は、定員に達しましたので締め切らせていただきました。(2月5日 18:30) 
 
 
 
 ※ お知らせ頂いた個人情報は、当シンポジウムに関わる連絡と運営にのみ使用します。
 
電話/FAX : 03-5466-6742 
 


このページに対するお問い合せ先: 教育開発推進機構

イベント

教育開発推進機構
お知らせ
概要
構成員紹介
事業・活動
刊行物
規程