お問い合わせアクセスマップキャンパス案内サイトマップ文字サイズ文字サイズ小中 大
國學院大學
大学案内

取材日誌2007年10月

印刷する

2007年10月31日更新

若木タワー受付、就職活動キックオフセミナー、女子学生キャリアアップセミナー、「秋」一服  10月31日(水)

 このところ、渋谷キャンパスの受付カウンターには、写真のような綺麗な花が飾られ、受付担当者とともに、快く来訪者を迎えています。

 本日午後0時40分より、渋谷キャンパス120周年記念2号館2101教室において、3年生約300人を集めて、第4回目の「就職活動キックオフセミナー」が開催されました。今回の内容は、就職活動に活かすための社会人としてのマナー。講師は、プロフェッショナル・キャリア・カウンセラーの坪田まり子氏が務めました。

 渋谷キャンパスでは、午後4時からも就職関係の講座を開催。同じ建物の2102教室を会場に、住友生命保険相互会社東京本社人材開発室の腰原純子次長を講師に招き、「女子学生キャリアアップセミナー」が開かれました。3年生約50人が参加し、真剣にメモを取っていました。
 明日から霜月。朝晩は大分冷え込むようになりましたが、本日の日中は暖かで、秋も一服という感じでした。大学のすぐ近くでは、ランタナの花に南方の蝶・ツマグロヒョウモンが止まり、吸蜜をしていました。


創立記念日(125周年)を前に展墓を実施、『入学案内』用写真撮影始まる 10月30日(火)

 125周年の創立記念日を11月4日(日)に迎えるあたり、本日午後、宇梶輝良理事長・安蘇谷正彦学長・坂口吉一常務理事ほかの役職者が、豊島岡御墓所の皇典講究所初代総裁・有栖川宮幟仁親王、高松宮宣仁親王、護国寺の皇典講究所初代所長・山田顕義伯の展墓(墓参)を行いました。写真は、山田伯の墓前での様子です。

 来春発行の『入学案内』の写真撮影が始まりました。本日午後3時頃、渋谷キャンパスの図書館脇で安蘇谷学長の写真撮影が行われていました。


AMC(学術メディアセンター)建設工事、深まる「秋」 10月29日(月)

 渋谷キャンパス常磐松校地に建設中の、学術メディアセンターの工事は、順調に進んでいます。現在、4階部分のコンクリート打ちが始まっています。写真は、若木タワー12階から見たところです。
 10月も残り2日。山茶花や菊の花を、あちこちで目にするようになりました。秋も大分深まってきました。渋谷キャンパス正門横の路上には、椎の実がたくさん零れていました。


全国高等学校弁論大会、若木育成会秋季支部長研修会、櫻井よしこ氏講演「この国のかたちを考える」 10月27日(土)

全国高等学校弁論大会記念撮影

台風20号が接近に伴う風雨が強い中、本日は各種イベントに多数ご来場いただき誠にありがとうございました。

第56回全国高等学校弁論大会が午前10時から120周年記念2号館2101教室で行われました。

14名の弁士からの張りのある声が会場内に響き、会場からの質問にも自信をもって的確に応えていました。

入賞者については

第56回全国高等学校弁論大会結果発表のページ

 

 レセプション風景弁論風景

若木育成会秋季支部長会
 若木育成会秋季支部長研修会が午後1時30分から120周年記念館1203教室で行われました。

 

櫻井よしこ氏講演会

 創立125周年記念文化講演会として櫻井よしこ氏による「この国のかたちを考える」と題した講演会が、百周年記念館記念講堂にて午後2時から行われました。

 「20世紀は軍事力がものを言う時代だったが、21世紀は文明力と歴史力の時代。きちんとした歴史解釈と説明ができなければ、国際社会で活路を開くことができない。日本の正しい歴史認識と、みなが心豊かで文字が読めるという高い文化力を日本人が発信していくことが大事で、日本は21世紀のモデル国家になりえる国」などと持論を論理的に展開していました。

熱心にメモを取る聴講生
 会場からの現在さわがれている官僚問題に関する質問には、「国家・国益のためにではなく、自分の所属する省庁益、ひいては自己利益しか考えなくなっている、まずは、日本が国家になることと回答し、顔も名前も出さない=責任をとらない組織にも問題がある」と回答。

 ソフトな語り口ながら、するどい歴史認識を語り、1時間40分超える講演会は盛大な拍手とともに終了しました。


國學院大學久我山中学校生徒来校、全国高等学校弁論大会準備、交換留学生歓迎会 10月26日(金)

久我山中学校生徒来校 國學院大學久我山中学校の生徒約200名が学校見学のため来校。

 こちらは百周年記念館記念講堂にて小川直之文学部教授・入学部長による挨拶の様子。

受賞者を待つ優勝杯ほか盾などの記念品
  明日行われる第56回全国高等学校弁論大会準備風景。

 当日は、原稿審査を通過した14名の弁士が熱いをメッセージを伝えます。
 北は山形から、南は宮崎までと全国各地から弁士が来校いたします。

 一人でも多くの聴衆がいることが、弁士の励みにもなりますので、お時間の許す限り聴講のほどお願い申し上げます。

 9月から本学で学んでいる、交換留学生(K‐STEP生)の歓迎会が、本日午後5時30分より、横浜たまプラーザキャンパス若木21の5階「レストラン・ヒルトップ」を会場に開催されました。留学生・ホストファミリー・本学学生・国際交流関係者約60人が出席しました。
 開会のセレモニーの後、テーブルを囲んで飲食を共にし、楽しく懇談していました。会がお開きになるまで、終止、会話が弾んでいました。


花の植え替え(創立記念日に向けて)、「第56回全国高等学校弁論大会」迫る 10月25日(木)

 来る11月4日(日)に、本学は、創立125周年を迎えます。創立記念日に向けて、このところ、学内の植木の剪定や花壇の手入れを行っています。本日は、渋谷キャンパスの花壇の、花の植え替え中でした。
 花壇には、秋を代表する菊の花が植えられていました。もう数日で霜月。秋も一段と深まってきます。
 明後日(10月27日・土)は、本学が主催する「第56回全国高等学校弁論大会」が、渋谷キャンパス120周年記念2号館2101教室を会場に開催されます。全国の高等学校から応募された原稿の中で、第一次審査を通過した代表14人が、熱弁をふるいます。午前10時開会。入場無料・聴講自由。ぜひ聴きにおいでください。
 右の写真は、昨年開催の第55回の様子。表彰式の後、出場弁士と審査員・運営委員揃っての一枚です。


就職活動キックオフセミナー、夜長の秋(図書館) 10月24日(水)

 本日午後0時40分より、渋谷キャンパス120周年記念2号館2101教室において、3年生対象の第3回目の「就職活動キックオフセミナー」が開催されました。今回のテーマは経済情報収集についてで、日経販売開発株式会社(元日本経済新聞社)の野々村泰彦氏が講師を務めました。約400人の学生が、メモを取りながら熱心に受講していました。
 読書の秋。秋の夜長に、本屋通いをしたり図書館で思う存分に読書に耽る・・・。この冷涼の季節は、一年で最も書物に触れる季節かもしれません。渋谷キャンパスの図書館では、授業の下調べや卒業論文に取り組む学生たちで、夜遅くまで混み合っています。図書館では、授業日(月曜日から土曜日)は、午後10時まで開館しています。


たまプラーザキャンパス 10月23日(火)

たまプラーザ2号館の入口 現在、閉鎖中のたまプラーザキャンパス2号館(図書館棟)の様子。

 図書館は図書の返却のみ受け付けています。また、その日空いている教室を自習室として利用していただいております。当該教室は日によって変わりますので、ご利用になる際は掲示にてご確認ください。

 利用について、詳しくは

図書館のページ

図書の返却のみ受け付けています


営業準備中の軽飲食コーナー同様に閉鎖中でご不便をおかけしている生協の軽飲食販売は、1号館エントランスホールで営業しています。

箱根駅伝予選会ならびに中国柔道ナショナルチームとの練習風景を10月20日(土)の日誌に掲載しましたので、合わせてご覧ください。


若木タワーと秋の空、学生アドバイザー募集中 10月22日(月)

 ただ今、入学志望者への説明や来客などへのキャンパス案内、広報活動の学生スタッフなどとして学内で活躍していただく、学生アドバイザーを募集中です。本日も、お昼休みに渋谷キャンパス若木タワーの会議室01で、説明会が開かれました(左の写真は、現役スタッフによる案内の様子です)。学生アドバイザーについての問合せ先は、入学課になっております。


 秋もたけなわ。本日の昼前後、渋谷の街の上に、鰯雲が広がっていました。まさに秋の象徴です。若木タワーと鰯雲のコントラストがとても綺麗でした。
 


若木育成会宮城県支部主催「就職セミナー」、若木育成会キャンパス見学会、社叢学会、日本文化を知る講座、箱根駅伝予選会、中国柔道ナショナルチームとの練習 10月20日(土)

 若木育成会宮城県支部主催の「就職セミナー」が、本日午後1時30分より、仙台駅にほど近いホテルサンルート仙台で開催されました。学生のご父母を対象にしたセミナーで、今年で3回目。最初に田村和幸支部長の挨拶。続いて第1部として、芳賀清一先生(昭和35年文学科卒業・元宮城県立高等学校長・東北生活文化大学非常勤講師)による地元宮城県の教職と学芸員の採用についての講演(左の写真)が行われました。
 第2部は、本学キャリアサポート課前田浩司課長補佐による「保護者のための就職セミナー」と題する講演(右の写真)。パワーポイントを駆使して、就職の準備・就職活動について、詳しい説明に務めました、参加したご父母からは、「就職について良く理解できました」との感想が聞かれました。宮城県支部は、全国に先駆けて「就職セミナー」を開いており、来年も開催していく予定とのことです。
若木育成会員への図書館所蔵資料展示解説 若木育成会員へ18階からの東京見学
お弁当  若木育成会キャンパス見学会が行われ、7支部(京都府・滋賀県、長野中南信、福島県、福井県、山梨県、長野県東北信)から約90名の在学生保護者の方々が来校されました。

 若木タワー地下1階のロビーで図書館所蔵の絵巻物の解説展示や、有栖川宮記念ホールからの眺望を味わっていただきました。

 お昼はこちらのお弁当でおもてなし(メニューは毎回違います)。

 

社叢学会  社叢学会関東支部定例会が120周年記念1号館4階1402教室で13時10分から行われました。

 映画「森のちからー昭和の森づくりは今」が上映された後、藤田直子氏(東京大学大学院農学生命科学研究科森林科学専攻・リサーチフェロー)による「社叢空間を軸とした都市緑地の展開」と題した講演が行われました。

 境内緑地が1990年に比べると明治神宮2個分減少しているとのこと。神社の屋外空間(鎮守の森など)は、日本人の自然観が表れているところ。お近くの神社の緑を確認してみてはいかがでしょうか。

日本文化を知る講座・平藤喜久子日本文化研究所講師による講演 13時30分からは、日本文化を知る講座が120周年記念2号館2303教室で行われました。4回目の本日は「神道を外国人にどう伝えるか」をテーマに、井上順孝日本文化研究所所長と平藤喜久子日本文化研究所講師が講演しました。

 神道について信頼性の高い情報を国際的に発信していく必要があるとして、2005年よりWeb上で公開しているEOS(Encyclopedia of Shinto)『神道事典』の英語版を紹介していました。

EOSを使ってみましょう。

スタート地点の立川駐屯地:山口選手(102)と武村選手(100)
 第84回箱根駅伝予選会が立川市・陸上自衛隊立川駐屯地スタートし、立川市街地から昭和記念公園内ゴールとした20.0kmのコースで行われ、本学陸上競技部は42チーム中15位となり、残念ながら本戦出場はなりませんでした。

 8時30分スタートでしたが、秋晴れの空の下、日向では25℃を越える厳しい条件でした。

 本日は朝早くから多数のご声援ありがとうございました。
詳しくは

箱根駅伝予選会の応援ありがとうございましたのページ

中国ナショナルチーム(3本ラインの柔道着)  柔道の中国ナショナルチームと本学柔道部との練習試合がたまプラーザキャンパス柔道場で行われました。ナショナルチームは本国でおこなわれる北京オリンピックを目指し例年以上に気合が入っているようでした。


久我山中学・高等学校教職員大学見学、図書館利用、國學院雑誌座談会 10月19日(金)

大学見学 國學院大學久我山中学・高等学校の教職員約140名が、創立63周年記念式典後に本学に来校、15時30分より、大学の施設を見学しました。

 その後、16時から若木タワー18階有栖川宮記念ホールで祝賀会が行われました。こちらは川福校長からの挨拶の様子。祝賀会の様子


渋谷キャンパス図書館 渋谷キャンパス図書館(参考図書室)の様子。

 ホームページでご案内していますように、たまプラーザキャンパス図書館は、現在使用中止とさせていただいております。利用者の皆様にはご不便おかけしますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

詳しくは

たまプラーザキャンパス図書館棟の一時的使用中止について

図書館の利用について

 

「國學院雑誌」座談会 谷川渥本学教授(司会)、小池寿子本学教授、宮下誠本学教授、金沢百枝本学兼任講師、塚原史早稲田大学教授の5名による「國學院雑誌」座談会が18時30分より院友会館で行われました。

 今回のテーマは「芸術と哲学」。

 オリジナルの意味とは何か?など、普段見ている絵画や彫刻・演劇など人が創造したものへの見方が変わるような、多岐にわたる見地からの奥深い展開がなされました。

 こちらの座談会の様子は「國學院雑誌」109巻1号(平成20年1月号)に掲載されます。「芸術がなければいきていても意味がない」という言葉が響いてくる内容です。


山茶花咲く、「若木祭」横断幕掲出される 10月18日(木)

 少し前まで猛暑に見舞われていたことが、まるで嘘のように、渋谷キャンパスでも秋の花々が主役になりました。百周年記念館の外周では、山茶花が美しく咲いています。
 11月1日(木)から4日(日)の日程(前夜祭:10・31)で開催される、「若木祭」の告知横断幕が、本日午後、若木祭実行委員会によって、渋谷キャンパス百周年記念館横の外周道路側に掲出されました。


秋の風、狂言入門講座、狂言鑑賞会、茜空、階段のおとも、就職懇談会 10月17日(水)

 このところ、朝晩の冷えに秋の深まりを感じますが、横浜たまプラーザキャンパスの「万葉の小径」でも、秋らしい風景を目にすることができます。尾花と萩の花に、秋の風がそよ吹いていました。 
 今年第10回を数える「狂言の会」。本日と明日(18日)の二日間、横浜たまプラーザキャンパスで開催されます。本日午前10時40分より講堂において、本学文学部の吉田永弘准教授による「狂言の言葉」という演題の狂言入門講座が開かれ、約230人の方が聴講されました。
 午後1時からは、605教室に特設の舞台で、狂言鑑賞会が催されました。狂言方大蔵流の山本東次郎氏(昭和36年本学文学科卒業・平成10年紫綬褒章・本年芸術院賞受賞)一門による、「末広」「茶壷」「箕被」の三曲が演じられ、曲と曲の間で、山本東次郎氏による「語」「お話」がありました。約500人の観客は、代表的な狂言の曲に終始目を奪われるとともに感動していました。
 上は、第一曲目の「末広」の場面。右は第三曲目の「箕被」の場面。シテとアドのやり取りに、観客は、笑いに誘われていました。

茜空 めっきり秋が深まった感のある今日、5時過ぎにきれいな茜空が見えました。

 一方では5時を過ぎると夜景を楽しめる季節でもあります。

18階からの夜景

階段のおとも北京オリンピックマスコットが登場
 若木タワー百周年記念側の階段に新しいマスコットが登場。

 北京オリンピックのマスコットの一つ、チベットカモシカをモチーフにした「迎迎(インイン)」です。興味を持った方は他の4つも調べてみてはいかがでしょうか。

 階段を上り下りする際には一緒に連れて行ってください。

 

 本日午後6時より、東京・品川のグランドプリンスホテル高輪「プリンスルーム」において、本学の「就職懇談会」を開催しました。本学卒業生を積極的に採用してくださる主要企業約140社の人事担当者をお招きし、本学の執行部をはじめとした関係者が懇談に務めました。
 上の写真は、開会に当たり来賓の方々に挨拶をする安蘇谷正彦学長。右の写真は、企業の方々との懇談の様子です。


学生アドバイザー募集説明会、AMC 10月16日(火)

 1・2年生対象の学生アドバイザー説明会が12時10分から若木タワー地下1階会議室01で行われました。

 学生アドバイザーは、学生の視点から、受験生にわかりやすく大学を紹介するために、オープンキャンパスのサポート、メルマガやWebによる映像配信、広報紙の取材などを担当したり、入学課において基礎業務をしながら、職業観も養えるという制度です。

 國學院大學が好きな人、好きになりたい人はぜひ説明会へ。

 次回はたまプラーザキャンパス306教室で12時20分~行います。また、10月22日(月)~31日(水)16時~18時、若木タワー1階入学課にて学生アドバイザーによる個別相談も受け付けています。


  どんよりした一日でしたが、AMCの建築は進んでいます。


秋深まる(ホトトギスの花)、キャンパス見学会、読書の秋 10月15日(月)

 このところめっきり涼しくなり、秋も深まってきました。1週間ほど前から咲き出したホトトギスの花も、秋に彩りを添えています(渋谷キャンパス神殿前)。
 本日午前10時30分から、茨城県立日立第二高等学校の生徒と引率教員によるキャンパス見学がありました。1年生36人と教員2人。右の写真は、午後0時30分から、図書館を見学しているところです。
 キャンパス見学の生徒たちは、若木タワーの最上階、有栖川宮記念ホールから東京の街を望みながら、感嘆の声をあげていました。
 読書の秋。10月に入ってから、図書館利用者が増えています。各閲覧室では、熱心に調べものをしたり、読書に耽る姿が見られます(渋谷キャンパス図書館)。


キャンパス見学会(若木育成会) 10月13日(土)

 本日午前11時より渋谷キャンパスにおいて、若木育成会本部主催の「キャンパス見学会」が行われました。東京都第四・愛知県・広島県・鹿児島県支部と一般の見学者約100人が参加されました。左の写真は、2101教室で行われた全体説明会で、大学代表として挨拶する加藤季夫教務部長・文学部教授の様子です。

 若木タワー地下1階の展示コーナーでは、本学所蔵の貴重資料『木曾物語』絵巻と『義経奥州落絵詞』を展示し、見学者に見てもらいました。解説は、貴重資料に詳しい図書館の林利久担当課長が務めました。
 左の写真は、『義経奥州落絵詞』の部分。鮮やかに描かれた合戦図と墨文字のバランスが美しい絵巻物です。
 右の写真は、校友課の担当者によるキャンパス案内の様子です。渋谷キャンパスは、再開発のために、年々、変貌を遂げています。


キャンパス見学、「小さい秋、見つけた」 10月12日(金)

 本日午前、茨城県立古河第一高等学校より、渋谷キャンパスへの大学見学がありました。2年生50名と引率教諭1名で、大型バスで来校されました。写真は、学生証をかざすだけで簡単に情報を得られる、K-PITの説明を聞いているところです。
 このところ暫く涼しい日が続いていましたが、今日は、少し暖かさが戻った感じでした。渋谷キャンパス正門脇の樹上では、名残の油蝉の声が聞かれました。神殿の境内や周りでは、スダジイやシラカシの実を見ることができます。季節は確実に巡っています。


履修登録確認・修正手続き、本学で教えた作家・作品展、萩の花 10月11日(木)

 本日より13日(土)までの日程で、後期の履修登録確認表配布と修正手続きが始まりました。
 上の写真は、渋谷キャンパス120周年1号館1階ロビーでの、履修登録確認表配布の様子。右の写真は、120周年2号館2103教室においての、履修登録修正手続きの様子です
 昨日(10日)から29日(月)までの日程で、渋谷キャンパス図書館1階ロビーにおいて、泉鏡花文学賞他の受賞があり、本年2月に第58回読売文学賞を受賞された嵐山光三郎氏(本名:祐乗坊英昭・文学部文学科昭和40年卒)と、嵐山氏が在学していた頃に本学で教えていた作家の中で、中野孝次氏(元教授・平林たいこ賞・日本エッセイストクラブ賞他受賞)、丸谷才一氏(元助教授・芥川賞・読売文学賞他受賞)・吉田健一氏(元兼任講師・読売文学賞・新潮社文学賞他受賞)に焦点を当てた人物紹介と作品の展示を行っています。
 渋谷キャンパス・横浜たまプラーザキャンパスとも現在、秋の草花が咲き競っています。右の写真は、渋谷キャンパス国際交流センター裏の萩の花。今年は、8月初旬頃から枝々に順次花をつけ、咲き続けています。


咲き匂う金木犀、就活キックオフセミナー、東都野球1部リーグ戦 10月10日(水)

 すっかり秋らしくなったこの頃、横浜たまプラーザキャンパス、渋谷キャンパスとも、満開の金木犀の花が、辺りに芳香を振り撒いています。
 先週の水曜日から始まった「就活キックオフセミナー」。第2回目の本日は、午後0時40分より渋谷キャンパス2101教室において、講師に株式会社ディスコの小室晃氏を招いて、「自己分析(自己理解)実践編」が開催されました。3年生約450人が参加し、熱心に取り組んでいました。

 東都野球リーグ戦、本日は、対立正大学初戦、5回裏に2点を入れられたが、7回表に2点を返し同点に。しかしながら、7回裏に1点勝ち越された。その後9回表に満塁の好機を迎えたが、得点に至らず、2-3で惜敗してしまいました。

 上の写真は、7回表、先頭打者の渡邉がライト前に安打を放ち、出塁したところ。右の写真は、同じく7回表、8番の鶴見が2点目のホームインをしたシーンです。


AED使用方法説明会 10月9日(火)

AED使用方法説明会 AED(自動体外式除細動器)の使用説明会が渋谷キャンパス若木タワー地下1階のロビーで、85名(うち学生40名)が参加し12時05分から約30分間行われました。

 一般市民でも救急隊が来る前に出来ることがあります。

1)119番に通報。「誰か~」ではなく、頼むときは「赤いセーターの方、119番通報お願いします。めがねをかけた方、AEDをもってきてください」と具体的に協力者を仰ぎましょう。

2)心肺蘇生法実施。心臓は中央にあります(左寄りではないそうです)

3)AEDの使用。まずは落ち着いて電源オン(グリーン色をしています)。その後は音声メッセージに従いましょう。

 AEDは渋谷キャンパス(若木タワー1階タイムカードレコーダー隣)と、たまプラーザキャンパス(たま事務課机上)に設置されていますので、ご確認ください。

 明日は、たまプラーザキャンパスにて使用方法の説明会が行われ、冊子「心肺蘇生法の手順」がもらえます。一度見ておくだけでも心構えが違いますので、ぜひご参加ください。

ホトトギス
 きんもくせいとともに秋の訪れを感じさせる神殿前のホホトギス。霧雨に濡れながらも、ちらほらと咲き始めました。


国際交流バスハイク 10月8日(月)

国際交流バスハイク 国際交流バスハイクが10月7日・8日の1泊2日で行われました。たまプラーザキャンパス集合して蓼科へ、宿泊は國學院大學蓼科寮を利用しました。

 留学生をはじめとする参加者の笑顔がまぶしい一コマ。


キャンパスカミングデーwithシネマ歌舞伎(2日目) 10月7日(日)

受付の様子 さわやかな秋そのものの今日、昨日に引き続き、キャンパスカミングデーwithシネマ歌舞伎が行われました。

 こちらは、若木タワー1階の総合受付の様子。

在学生による進学相談
 今日は進学相談会への参加者も見られ、在学生による個別進学相談やキャンパスツアーを実施。

 本学のキャンパスツアーといえば、神殿にもおじゃまします。みんなで合格祈願。

在学生によるキャンパスツアー

歌舞伎関係資料展示 若木タワー地下1階ロビーでの歌舞伎関係資料の展示では、図書館員が資料について解説。シネマ歌舞伎観劇後、足を運ぶ方が多くみられました。

 


キャンパスカミングデーwithシネマ歌舞伎、図書館見学、日本文化を知る講座 10月6日(土)

「野田版鼠小僧」観劇後 高い空ときんもくせいの香り。すっかり秋を感じる一日、渋谷キャンパスでは、キャンパスカミングデーwithシネマ歌舞伎が行われました。

 メイン企画のシネマ歌舞伎は、百周年記念館記念講堂で上映。「野田版鼠小僧」と「鷺娘」という松竹イチオシの演目なこともあり、「すばらしかったです!」という感想をいただいております。

 記念講堂は4階にあり階段でご昇降いただき、大変ご不便をおかけしますが、当日券も若干残っておりますので、興味のある方はぜひご来場ください。

 実際のライブを観劇できなかった人にも、まったくはじめての人にもうれしい演目です。

歌舞伎関係資料展示
 若木タワー地下1階ロビーでは、歌舞伎関係の本学所蔵の資料を展示。

 

松竹による歌舞伎関係グッズ販売

木札も売れています。上位500姓を準備、それ以外は後日送付になります。 同じく地下1階の会議室02では、歌舞伎関連グッズの販売。

 歌舞伎座でも人気のふろしき・てぬぐいのほか、七福神の根付や自分の名前を刻んだ木札など。

 実演販売の話術も巧みで、自分の分だけでなく、ついついお土産にもと手が伸びてしまいます。

若木タワーでくつろぎ時間→クリックして拡大
 若木タワー18階有栖川宮記念ホールは展望室として開放。お茶のサービスもあり。渋谷の丘からの眺望をよりお楽しみいただけるように、ビル名などを記載したパネルもご用意しています。

 こちらの企画は、10月8日(月)まで

 詳しくは

キャンパスカミングデーのページ

図書館ガイダンス 國學院大學久我山高校の生徒30名が来校。図書館見学の様子にお邪魔しました。

 まず、カウンター前で図書館の概略を説明、その後、書庫を案内しました。この書庫の光景も今年かぎりです。書庫にて

吉田恵二先生の講演風景
 13時30分からは、日本文化を知る講座が行われました。

 今回は「人文資産の学術的価値と創出的発信ー過去を踏まえ、未来に向かうー」というテーマのもと、4回にわたり講演が行われます。

 本日第2回「考古学の「こころ」」と題した吉田恵二学術資料館考古学資料館長の講演には、約70名の聴講生が熱心に耳を傾けていました。

 今後の予定など詳しくは

第33回日本文化を知る講座のページ


キャンパスカミングデー with シネマ歌舞伎準備 10月5日(金)

 明日(6日)から8日の日程で、渋谷キャンパスにおいて、「キャンパスカミングデー with シネマ歌舞伎」が開催されます。現在再開発中の渋谷キャンパスの様子を見るとともに、シネマ歌舞伎、本学所蔵「歌舞伎関係資料」等の展示を楽しんだり、歌舞伎関係物品の購入、特設ルームで進学相談を受けることができます。

来場をお待ちしています。

上映時間など詳しくは

キャンパスカミングデーwithシネマ歌舞伎

 若木タワー地下1階展示コーナーで、本学所蔵の「歌舞伎関係資料」等の陳列準備が行われていました。上の歌舞伎絵も陳列資料(和装本)の一部です。
 若木タワー地下1階の特設会場で、歌舞伎に関係した物品の販売も行われます。こちらは、「松竹」が出店します。
 明日(6日)からの開催に向けて、「松竹」の関係者も、歌舞伎関係の品の飾り付けや準備に追われていました。


院友神職会総会、AMC 10月4日(木)

 本日午後4時から、渋谷キャンパス地下1階会議室02に於いて、院友神職会総会が開催されました。  
 AMC(学術メディアセンター)の建設工事は、順調に進んでいます。現在、4階部分に取りかかってきています。


渋谷キャンパス中庭整備完了、就職活動キックオフセミナー、キャンパス見学 10月3日(水)

 夏休み後半から進めていた、渋谷キャンパス百周年記念館と若木タワーの間の中庭の整備が完了し、本日から通行できるようになりました。
 シマトネリコ、ヤマザクラ、エゴノキ、フイリリュウノヒゲなどが植栽され、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。
 3年生の就職準備もいよいよ本番。本日から、キャリアサポート課主催の「就職活動キックオフセミナー」がスタートしました。午後0時40分から2101教室で、「社会人は何を求められているか?」のテーマで、国分株式会社経営統括部副部長の小木曽泰治氏より、お話をいただきました。参加した約450人の学生は、メモを取りながら、熱心に聞き入っていました。
 本日午前中、埼玉県立本庄高等学校より1年生43人と3人の引率教員が、本学渋谷キャンパスを訪問。若木タワー・法廷教室、図書館などを見学しました。右の写真は、図書館閲覧室・収蔵庫などの見学を終えて出てきたところのスナップです。


鍛える(弓道)、季節外れのツツジ咲く 10月2日(火)

 毎週日曜日に行われている、秋のリーグ戦のため、渋谷キャンパスの弓道場では、弓道部の選手たちが、午後2時から、実戦さながらに練習をしていました。
 猛暑の夏が過ぎ、このところ、めっきり涼しくなってきました。渋谷キャンパス正門脇の植え込みでは、季節外れのツツジの花が咲いています。


月次祭、南開大学(セメスター留学)便り 10月1日(月)

 午前10時より、國學院大學「神殿」において、月次祭が斎行されました。
 霧雨の降る中、掃き清められた玉砂利が美しい模様を描いていました。
 南開大学にセメスター留学で滞在している学生から、写真が届きました。左は、天津市の「古文化街」入り口の写真です。学生たちは、休みの日などに出掛けています。

 石辛庄村を訪ねた時の、村人たちとの交流のスナップです。




このページに対するお問い合せ先: 広報課

広報
取材日誌
デジタル学報
國學院大學学報縮刷版
プレスリリース
コンテスト
メディアクリップ
ソーシャルメディア
國學院雑誌
國學院大學紀要