お問い合わせアクセスマップキャンパス案内サイトマップ文字サイズ文字サイズ小中 大
國學院大學
大学案内

取材日誌2007年6月

印刷する

2007年6月30日更新

国際交流の集い、学生アドバイザー入試制度と入試日程研修、院友都立高等学校部会、院友女性の会、伝承文化学会大会、夏越の祓 6月30日(土)

マリアさんによるスペイン紹介 第14回国際交流の集い「スペイン料理を作って、楽しむ」が、渋谷キャンパスから歩いて5分ほどのところにあるリフレッシュ氷川で13時45分から行われました。

 会は2部構成で、1部はスペイン・サラマンカ大学からの留学生・マリアさんからスペインについてのお話。
 スペイン最古の大学であるサラマンカ大学があるサラマンカは大学の街。サラマンカ大学は、その旧市街地とともに世界遺産。
 授業の一コマは45分+休憩15分、寝るということはありえないそうです。朝は8時もしくは9時から14時、2時間シエスタがあって、16時~20時くらいまで授業があるそうです。
 お昼休みが2時間あり、自宅で昼食・昼寝といったゆったりとした時間があるものの、勉強はハードで、アルバイトをするということは通常ないそうです。
 名前の付け方、国王の存在、物価(100円でトマトが2kg!)など普段なかなか聞くことができないスペイン事情がわかりました。
 2部はいよいよスペイン料理。本日の献立はガスパチョ(野菜の冷製スープ)、フルーツポンチ、マリアさんのお父さんの得意料理を作りました。果たしてその実態は?!
 詳しくは、第14回国際交流の集いのページ

学生アドバイザー入試制度と入試日程研修  オープンキャンパスなどで受験生対応をしてもらう学生アドバイザーに対する「入試制度と入試日程研修」が14時から1205教室で行われました。

 みんな熱心にメモを取りながら聞いていました。

 今年度最初のオープンキャンパスは、7月15日(日)、16日(月・祝)です。

院友都立高等学校部会総会  

 院友都立高等学校部会総会が14時から会議室02で行われました。

 学校現場からの報告や実践発表もなされていました。

※院友とは卒業生のことです。

 院友女性の会第13回定期総会が13時から院友会館地下ホールにて行われました。

 続く午後2時から3時30分までは、本学院友会顧問・山崎豊彦氏による「古典散策」と題した講演会が行われました。

院友女性の会
伝承文化学会第6回大会  伝承文化学会第6回大会が、13時から2102教室で行われました。

 今日で2007年も折り返し地点。

 夏越の祓が神殿で14時から行われました。心身ともにリフレッシュして業務に取り組んで参ります。

 

夏越の祓


AMC 6月28日(木)

AMCAMCもいよいよ2階部分の骨組みが登場。クローラクレーンも大活躍です。AMC

今日も晴れ。渋谷キャンパスにも次々と夏仕様です。

ヒメオウギスイセンコノテガシワ※もやっとボールではありません。

國學院雑誌6月号が発行されました。辰巳正明教授のトン族についての論文、黒澤直道准教授のナシ族に関する論文と中国少数民族の文化に触れた論文2編と、吉海直人同志社女子大学教授の「源氏物語」に関する論文、インドでの出来事を書いたエッセイ・池内輝雄教授の談話室など。詳しくは

國學院雑誌(第108巻)のページ

本学文学部・神道文化学部、大学院文学研究科の学生は、渋谷キャンパス:広報課、 たまプラーザキャンパス:学生生活課 にて、お受け取りください。
なお、在学期間中に発行されたすべての「國學院雑誌」の受け取りが可能です。
この機会にぜひまとめてお受け取りください。


インターンシップ1、村松投手激励、就職ガイダンス、大学院進学相談会、横浜市歴史博物館、学生記者が行く、ホタルの夕べ、たまプラーザキャンパス雑景 6月27日(水)

インターンシップ1 「インターンシップ1」(水曜日・1限目)たまプラーザキャンパス605教室にお邪魔しました。

 本日の講師は、先週渋谷キャンパスでも講義をしていただいた原良枝さん(元TVKテレビアナウンサー・エッセイスト)。

 ビジネスマナーや言葉使いについて、丁寧に講演していただきました。

村松投手
  日米大学野球の代表メンバーに選ばれた硬式野球部・村松伸哉投手(経ネ1年)が、役教職員に挨拶のため、渋谷キャンパスに来校。

 15時30分から応接室1にて、大学を代表して、宇梶輝良理事長、坂口・佐栁理事が村松君を激励しました。

 3年生を対象とした就職ガイダンス(第2回)が、3限(12:40~14:10)と5限(16:00~17:30)の2回、2101教室と2104教室に分かれて行われました。

 就活準備について、就職サイトへの登録、職務適性テストなどについて説明がなされ、延べ1316人が参加しました。

3年生対象第2回就職ガイダンス
大学院進学相談会

 大学院進学相談会が16時から2303教室(全体説明)と2302教室(個別相談)で行われました。

 こちらは専任教員による個別相談の様子。230名弱という昨年を上回る数の参加者があり、どのブースもにぎわっていました。

 横浜市歴史博物館にお邪魔しました。今話題の大型ショッピング施設「ノースポート」のとなり、横浜市営地下鉄センター北駅からすぐのところにあります。

 都筑民家園や環濠集落として有名な大塚遺跡を含む「大塚・歳勝土(さいかちど)遺跡公園」もある大きな博物館。かわいいグッズも販売しており、大人も子どもも楽しめる工夫がいっぱいです。

 詳しくは「K:DNA(夏号)」で紹介します。

横浜市歴史博物館ホームページ

大塚遺跡
学生記者が行く

 学生アドバイザーのメンバーが、先日「とびだせ@キャンパス」でもお世話になりましたNHK横浜放送局を取材。

駒田耕一企画総務副部長(卒業生)が、対応してくれました。

 こちらの模様は「K:DNA(夏号)」の「学生記者が行く」のコーナーに掲載されます。

本日よりスタートした渋谷ふれあい植物センターの「ホタルの夕べ」。

今日は、ホタルの飼育で有名な農学博士・山岡誠氏「ホタルの話」を聞いてから見学をしました。

こちらの催しは、7月1日まで開催中です。

ホタルの夕べ
カワラナデシコカワラナデシコ ききょうキキョウ

テイカカズラ

テイカカズラ

たまプラーザキャンパスでは、梅雨の晴れ間に花が咲き誇っています。

ナツメ(実&花)ナツメ


「大学の選び方」取材、ホタルの夕べ、大学見学、クローラクレーン設置 6月26日(火)

「大学の選び方」撮影中 朝日新聞社から刊行している「大学の選び方」で、大学生活を紹介するグラビアページの撮影が行われました。

 東京で一人暮らし(自炊)をしている代表ということで、本学経営学科・桜庭君の一日を密着取材。

 こちらは撮影風景です。

ふれあい植物センターの外観
 明日から7月1日(日)まで、渋谷区ふれあい植物センターで毎年恒例の「ホタルの夕べ」を開催。

 16時~21時まで入園料無料です。國學院大學からも歩いて5分ほど。

 「夏は夜・・・」と清少納言「枕草子」思い描いてみませんか。

大学見学 岡山県立新見高等学校の生徒・教員が大学見学に来校。
AMCでは、クローラクレーン(白と赤のツートンカラー)の2機目が組み立てられ、工事のペースも上がってきました。 クローラクレーン設置

日米大学野球の代表メンバーに、國學院大學の村松投手が選ばれました。

詳しくは

村松投手、日米大学野球代表メンバー入りのページ


とびだせ@キャンパス 6月25日(月)

とびだせ@キャンパス放送風景 NHKFM横浜放送局「とびだせ@キャンパス」の6月のトリを務めるのは「学生アドバイザー」のメンバー。

 大学案内や入学広報のお手伝いをしている彼らの生出演の様子は、

とびだせ@キャンパスのホームページでとびだせ@キャンパスブース内

 


法科大学院適性試験 6月24日(日)

L-SAT 大学入試センターが行う「法科大学院適性試験」が、渋谷キャンパス120周年2号館でも行われました。午後から降り出した雨の中、続々と傘を手に試験会場入りする受験生たち。

 法曹界を目指す人のための専門職大学院=法科大学院を受験するには、本日行われた大学入試センターによる「法科大学院適性試験」または、日弁連法務研究財団が行う「法科大学院統一適性試験」の受験が必要です。

 今後、各大学院独自の法科大学院試験を受けることになります。



宮家先生国大最終講義、韓先生を囲む懇談会、日本エーゲ海学会、栃木高等学校学校見学、夏期短期留学ガイダンス、全日本大学駅伝予選会 6月23日(土)

宮家先生国大最終講義今日は再びお日様が登場。

学内ではイベントが盛りだくさん。

 神道宗教学会(会長=杉山林継本学教授)6月例会・宮家準先生國學院大學最終講義「霊山の社寺と修験―日本人の原風景を求めて―」が15時から2101教室で行われました。

韓樹英氏を囲む懇談会 中国「唐鴻臚井碑研究会」の名誉会長・韓樹英氏、奥様の范玉伝氏、同研究会副会長・杜鳳剛氏(大連理工大学外国語学院長、日本学研究所所長)、同研究会副会長兼事務局長・王維明氏が来日、本学会議室05にて午後2時から懇談会を行いました。

 

 「唐鴻臚井碑(とうこうろせいひ)」とは、唐が渤海王を「渤海郡王」に冊封した事実を記録した石碑で、渤海領土(現中国遼寧省旅順市)に建てられていましたが、日露戦争の戦利品として旧日本軍が持ち帰り、現在皇居内にある碑。

 渤海国を知る資料としての価値が、國學院大學栃木短期大学・酒寄雅志教授などにより紹介されるなど、近年その返還問題なども含め話題となっています。

日本エーゲ海学会

 日本エーゲ海学会が15時30分~1204教室で開催され、「ギリシャ神話・神々の紋様を描く」と題して、千葉政助画伯による講演会が行われていました。

 

 

 

 イギリス・ケント大学、カナダ・マニトバ大学、中国・南開大学への夏期短期留学ガイダンスがそれぞれ行われていました。

ケント大学短期留学ガイダンス
ケント大学夏期短期留学ガイダンス 南開大学夏期短期留学ガイダンス

 

栃木高等学校大学見学 学生アドバイザー
國學院大學栃木高等学校の大学見学が行われていました。

 

 

全日本大学駅伝予選会 全日本大学駅伝予選会

 11月に行われる全日本大学駅伝の予選会が、代々木公園陸上競技場(織田フィールド)で、18時から行われました。各大学4組目までの合計タイムの上位5校が本大会に推薦されますが、本学は14位。残念ながら本選出場はなりませんでした。

 ご声援ありがとうございました。


雨  6月22日(金)

くちなし@神殿前 しばらくぶりのお湿りがあり、渋谷キャンパスの花々も潤っています。ガクアジサイ
朝鮮朝顔  


渋谷キャンパス雑景 6月21日(木)

桑の実 関東地方は梅雨入り宣言をした日以来、雨が降らず、蒸し暑い日々が続いています。

 学内のくちなしと桑の実が潤いと与えてくれています。くちなし@神殿

AMCの俯瞰
今日のAMC

昨日、野村純一本学名誉教授が逝去されました。心よりご冥福をお祈りいたします。


インターンシップ1、セクハラ防止研修、吉川博士記念賞、体育部会指導者懇談会・懇親会 6月20日(水)

インターンシップ1 水曜日1限目「インターンシップ1」。

 本日は原良枝さん(元TVKテレビアナウンサー・エッセイスト)にビジネスマナーやコミュニケーション能力、自己プロデュースなどについて話をしていただきました。

セクハラ防止研修 グループワーク風景
 教職員ならびに部会指導者を対象としたセクハラ防止研修が河村ふみ氏(フェミニックス取締役・元河合塾セクシュアル・ハラスメント相談員)をお迎えして「大学で起きがちなセクハラ・パワハラ」と題して、16時~17時まで2303教室で行われました。

 チェックシートに基づきグループ討議、その後講義に入りました。

 

学長と受賞者による懇談風景

 吉川博士記念賞授与式が13時30分から役員室1で行われました。

 安蘇谷正彦学長より諸星美智直教授、久野マリ子教授、鈴木一兼任講師の3名に銀のメダルと賞状が授与されました。

 体育部会指導者懇談会が18時から0601教室にて行われました。 体育部会指導者懇談会


AMC 6月19日(火)

シエスパAMCの一階部分がかなり出来上がってきました。AMC一階部分

ヘリコプター旋回
 本日午後、渋谷・松涛にある女性専用温泉施設「シエスパ」の別館で爆発事故があったため、マスコミ各社などのヘリコプター11機ほどが旋回していました。

 同じ渋谷ですが、駅に対して大学とは正反対の場所に位置しているため、交通規制もなく普段どおり授業は行われました。


からすの巣撤去、公開古典講座ポスタ 6月18日(月)

図書館脇のヒマラヤ杉 図書館脇のヒマラヤ杉に針金ハンガーなどを使ってカラスが巣をつくり子育て中。

 しかしながら、前庭を通る人の頭をつつくようになりましたので、本日カラスの巣の撤去作業が行われました。

公開講座ポスタ
 公開古典講座のポスタができあがり、各種案内を発送しています。

 今年は、7月15日(日)~19日(木)までの5日間。「万葉集」午前中、「源氏物語」は午後に講座を開講します。1日だけの受講も可能ですので、興味のあるかたは是非どうぞ。

 なお、8月5日開催の「伝統文化に学ぶ講座(東京)」や、9月15日(土)~17日(月)開催の横浜たまプラーザキャンパス公開講座も申込受付中です。


学びへの誘い@札幌 6月17日(日)

学びへの誘い@札幌 「学びへの誘い」と題した展示会も3年目。

 今年は「源氏物語の世界」をメインテーマに本学の所蔵の古典籍を展示し、札幌紀伊国屋で、昨日から24日(日)まで開催しています。今日は日曜日ということもあり、書店に立ち寄られた方が足を伸ばしてくれていたようで、土・日で約800名の来場者がありました。

本日は、公開古典講座も実施。小樽商科大学札幌サテライト大講堂にて70名ほどの受講生を前に「源氏物語―六条御息所の冤罪を晴らす」(播磨光寿國學院短期大学教授)、「和歌で読む『源氏物語』―いかまほしきは命なりけり―」(豊島秀範本学教授)、「源氏物語の女君の言葉」・「源氏物語絵の諸相」(針本正行本学教授)の4コマの講義が行われました。

播磨光寿教授

播磨國學院短期大学教授の講義

豊島秀範教授

豊島秀範教授

針本正行教授針本正行教授

針本教授の資料を見る受講生

針本教授ご持参の資料を食い入るように見る受講生


ドラマ撮影、学びへの誘い@札幌 6月16日(土)

ドラマ撮影 本日8時から正門周辺にてドラマの撮影が行われました。

 主役、エキストラを含め、カメラのフレームに入っていないであろうところから演技をしており、子役ながらもプロ意識を感じました。夏の日差しの中、長袖の服は暑かったことでしょう。

 今回撮影されたシーンは、7月・日本テレビ土曜日夜9時スタート「受験の神様」第1話(7月14日(土)放送)にて使用される予定です。

「受験の神様」ホームページ

 

また、撮影中、正門周辺の通行規制にご協力いただきありがとうございました。

 

本日より「源氏物語の世界―國學院大學学びへの誘い―」が紀伊国屋書店札幌本店で開催。お近くにおいでの際は、ぜひお立ち寄りください。手作り「ジグソーパズル」

学びへの誘い展示会場入口付近


國學院雑誌学生懸賞論文、献血、柔道場扁額再設置、花菖蒲を観る交流会、「学びへの誘い」準備中、夏の空 6月15日(金)

学生懸賞論文表彰式 國學院雑誌学生懸賞論文表彰式が、12時30分から文学部長室にて行われました。今回は第一部門・佳作に入賞した櫻井慎也さんに賞状ならびに副賞が授与されました。

 櫻井さんの論文は「國學院雑誌」7月号に掲載されます。

献血
体育連合会による献血が若木タワーの前で行われました。

一般学生も含め多数ご協力いただいているようでした。多数の献血参加者

柔道場の扁額再設置

渋谷キャンパスの柔道場に修復中でした扁額(2点)を再設置しました。

・三船久蔵十段揮毫 「奥妙存錬心」
・嘉納治五郎揮毫 「精力善用」(自分が持つ精力=心身の力を最大限に効率よくより善い方向へ用いること)

ともに、柔道のみならず生きていくうえでの理念を表現した言葉です。

ちなみに、三船久蔵氏は本学で長く柔道を指導、嘉納治五郎氏の息子・嘉納履正(りせい)氏は本学を卒業しており、深い縁のある扁額です。

渋谷区主催「花菖蒲を観る交流会」に本学留学生たちが参加。

今日の夏の日差しを和らげる色合いの花しょうぶに日本を感じました。

花菖蒲を観る交流会
学びへの誘い@札幌

明日より札幌紀伊国屋書店で開催する「源氏物語の世界ー國學院大學学びへの誘いー」の準備の様子

詳しくは

源氏物語の世界のページ

夏の空(渋谷駅方面)

昨日梅雨入り宣言がありましたが、本日はまた夏の日差しがサンサンと降り注いでいました。

 


間伐材プランターの夏、神道資料館 6月14日(木)

ひまわり 昨日までの真夏日がウソのように午後から雨が降り続き、関東地方も梅雨入り。

 とびだせ@キャンパスにも出演してくれた森木会による間伐材のプランターにかわいらしい夏が登場。

 高さは30cmくらいですので、若木タワーの脇を通ってみてください。

神道資料館前掲示板 神道資料館は、来年のAMCへの引越しを控え、現在は本館1階で展示を行っています。

 掲示板には各種博物館から展示のお知らせがあり、時には招待券・割引券があることも。

 左手奥に進んだところにもチラシが置いてあり、本館1階は閑散としていますが、情報は満載です。ぜひのぞいてみてください。

NHK知るを楽しむ・木曜日「歴史に好奇心 あの人は何を食べてきたか」で、第1回「藤原道長の「とっておき」」(6月7日放送)では豊島秀範教授、第2回「足利良政の湯漬け」(6月14日放送)では二木謙一名誉教授が解説をしています。

NHK知るを楽しむのページ


國學院雑誌学生懸賞論文表彰式、渋谷氷川神社、院友マスコミ塾、むらさき 6月13日(水)

國學院雑誌学生懸賞論文表彰式 國學院雑誌学生懸賞論文の表彰式が、午前11時から若木タワー10階文学部長室で編集委員列席のもと行われ、第2部門で入選された家入博徳さんに対して賞状と副賞が大久保一男文学部長・國學院雑誌編集委員会委員長より授与されました。

 こちらは家入さんの受賞の挨拶風景。

 家入さんの入選論文は、國學院雑誌7月号に掲載されます。ぜひご一読ください。

渋谷氷川神社の参道  
 渋谷キャンパスのお隣にある渋谷氷川神社。本学関係者を含め近辺の方の憩いの場所でもあり、映画やテレビのロケも行われています。

 先日は、FNS系列で土曜の朝に放送の「うふふのぷ」という番組のぐっさん(山口智充さん)のコーナー「トーキョーほっ!」のなかで、ゲストのバイオリニスト・高嶋ちさ子さんの小さい頃のほっ!とする場所として紹介されていました。

院友マスコミ塾  

 第11期「院友マスコミ塾」が毎水曜日17時50分から開講しています。今期の受講生は72名。

 今日は第9回講座06「業界研究」第5回放送編(総合)、久保雅昭氏(テレビ朝日営業局CM部副部長)による講義が2302教室で行われていました。

 むらさきの花。根が紫色であることから「むらさき」という名前ですが、現在、こちらのような小さく可憐な花をつけています。たまプラーザキャンパスでも見ることができます。

 万葉集にも読まれ、染料としても使用。紫は最も高貴な色として喜ばれていました。

むささきの花

 


麻疹抗体検査・強化部会特殊健康診断、AMC、キャンパス見学 6月12日(火)

麻疹抗体検査・強化部会特殊健康診断 麻疹抗体検査ならびに強化部会特殊健康診断が会議室02にて14時から行われていました。

 教育実習や介護等体験に参加する学生、夏期短期留学参加学生、教職員希望者が今回の麻疹抗体検査の対象者。

 関東を席巻している麻疹ですが、本学では休講に至るほど感染者が爆発増加することもなく本日に至っております。

 

AMC
今日のAMC。

若木タワー18階有栖川宮記念ホールは、火・木・金の午前10時30分から午後4時30分 まで開放しております。

今日は、学生アドバイザーが高校生のキャンパス見学の一環として紹介していました。学生アドバイザーによるキャンパス見学

昨日・月曜日にオンエアされたNHK-FM横浜とびだせ@キャンパス[本学学生・古沢ゼミ(古沢ゼミと韓国ツアー参加のみなさん)]の様子がWebで配信中

NHK-FM横浜とびだせ@キャンパスホームページ


日本文化研究所特別座談会、名誉教授授与式 6月11日(月)

日本文化研究所特別座談会 研究開発推進機構日本文化研究所主催の特別座談会「近世学問を検証する-近代ヨーロッパ Archaeology 日本上陸以前の 考古学的学問・国学者に光をあてる-」が午前11時から若木タワー18階有栖川宮記念ホールで行われました。

 斉藤 忠・ 真保昌弘・ 篠原祐一・ 阪本是丸・ 柳田康雄・ 杉山林継の6先生が「江戸時代の好古家たち-日本考古学をきづいた人々」について話し合いました。

 斉藤忠氏は、100歳を超える年齢を感じさせないかくしゃくとした語り口でした。

斉藤忠氏

名誉教授授与式 名誉教授授与式が午後1時から学長室において行われ、安蘇谷正彦学長より秋山宏氏・里見実氏・二木謙一氏の3氏に対して、名誉教授の称号が授与されました。


オープンカレッジ「語りの文化講座」、「竹久夢二を語る」、祭祀考古学会、国文学会春季大会・公開講演会 6月9日(土)

オープンカレッジ特別講座「語りの文化講座ー昔話と周辺文化ー」と2回目は「伝承の語り・現代の語り」と題して、和歌山の昔話の語り手・矢部敦子さんと大島廣志本学兼任講師による講座が行われました。語りの文化講座・大島廣志氏による講座「語りの文化講座」矢部敦子氏による講座

「竹久夢二を語る」岡本岱先生による講座
 岡本岱國學院大學栃木短期大学教授によるオープンカレッジ「竹久夢二を語る」第3回・最終回は「夢二の外遊」が1402教室で行われました。

 今回も岡本先生所蔵の竹久夢二挿絵の書籍なども資料として展示されていました。

祭祀考古学会

杉山林継教授が会長を務める祭祀考古学会の平成19年度総会・記念講演会1204教室で行われていました。

こちらは「大場磐雄先生と古墳研究」(奈良県立橿原考古学研究所指導研究員・茂木雅博)の様子。

国文学会春季大会が2101教室で13時30分から開催されました。こちらは、公開講演会「馬の家〈田村〉語りの伝承系譜」(立命館大学名誉教授・福田晃氏)の様子。 国文学会春季大会

国際交流スポーツ大会

 渋谷でのイベントが多かった今日、たまプラーザキャンパスでは、国際交流スポーツ大会が13時から体育館で行われました。

 スポーツを通じて留学生と日本人学生の交流を深めようという目的としたこちらの大会では、ソフトバレーボールを男女・国籍混成チームで実施。

 やわらかく大きなボールにてこずりながら、和やかな雰囲気で行われました。終了後は更なる懇親を深めるためにレストランヒルトップにてバーベキューパーティーが行われました。

ソフトバレーボールのボールボール直径25cm


17大学広報代表者会議、佐藤隆夫名誉教授に叙勲 6月8日(金)

17大学広報代表者会議2日目 昨日に引き続き、若木タワー地下1階会議室02にて17大学広報代表者会議を開催しました。
佐藤先生のご遺族に叙勲をお渡し 本年4月23日に逝去された佐藤隆夫名誉教授に対し大学から叙勲を申請、このほど授与されましたので、本日ご遺族の方へ植村法学部長から受け渡しをいたしました。


17大学広報代表者会議 6月7日(木)

17大学広報代表者会議1日目 関東・関西の主要大学17大学の広報関係者が本学に集まり、広報代表者会議を行いました。

 簡単なキャンパス見学も行い、本学ならではの祭式教室と図書館では、久我家文書を紹介しました。

図書館見学
祭式教室


関野名誉教授より絵画寄贈、オープンカレッジ「書道」、国際交流の集い「台湾茶を味わって、楽しい時間を過ごす」 6月6日(水)

「道」(関野名誉教授と植村法学部長、坂本副学部長と一緒に) 関野昭一本学名誉教授より「道」と題した油彩画の寄贈がありました。

 「自然風景としての道に、人が人間として歩むべき人間社会の規範としての道をも重ねあわせて表現したいという気持ちをこめて描いた「心象画」です」とのこと。

 こちらの絵画は、法学部の研究室があります若木タワー7階に展示中。ガラス扉越しですが、エレベータホールからも見えます。

オープンカレッジ・佐野光一教授の授業
 オープンカレッジの人気講座・佐野光一教授の「書道講座」にお邪魔しました。

 こちらの講座は50名限定ということもありますが、他の書道講座では味わえない内容とのことで、リピーターも多く、申し込み受付とともにすぐに定員になる人気講座。

 今期は「漢字(五)馬王堆帛書<中級・上級>」を題材に隷書を学んでいます。

国際交流の集い「台湾茶を味わって、楽しい時間を過ごす」

  第13回国際交流の集い「台湾茶を味わって、楽しい時間を過ごす」が銀座・三徳堂で行われました。

三徳堂のホームページ

 徳恵流のこちらの店主・林さん(台湾出身)が台湾茶、茶具などの紹介をした後、茶芸を披露。

 その後、台湾からの交換留学生・何さんから台湾の話などを聞きながら、9種類のお茶それぞれの薫り、そして台湾独特のお菓子などとともにおいしいお茶と優雅なひと時を味わいました。

 次回の国際交流の集いは、6月30日(土)「スペイン料理 作って、楽しむ」です。

 詳しくは、

国際交流のページ

先日月曜日にオンエアされたNHK-FM横浜とびだせ@キャンパス[本学学生・森木会(しんぼくかい)]がWebで配信中

NHK-FM横浜とびだせ@キャンパスホームページ


川崎市立橘高校図書館見学、階段を使いましょう 6月5日(火)

図書館書庫見学 川崎市立橘高校の生徒がキャンパス見学に来校。図書館を案内し、普段は入れない書庫で貴重な資料を紹介しました。

図書館の前で

6月はアジサイ
 階段を使いましょうキャンペーンのマスコットが、5月の「新しい学年は楽しそうですか!!」と話しかけてくれたこいのぼりから、6月はあじさい&かたつむりにバトンタッチ(裏も見て下さい)。

 若木タワーで見かけたら一緒に階段を上り下りして下さい。

 5月はこいのぼりから「楽しく階段へ来るために、このプレートを置かせてください」とメッセージ


イフ・モンゴル大学からの名誉博士号、AMC 6月4日(月)

名誉博士号を手にする岩田玲文氏 卒業生・岩田玲文(筆名)氏来校。イフ・モンゴル大学から名誉博士号を授与されたとのこと。旧体制下で校歌がなかった同大学の校歌も岩田氏が作詞したとのことでした。
AMC建設中今日のAMC。


文学部講演会「國學院大學蔵『谷崎潤一郎新訳源氏物語』草稿の書き入れについて、AMC 6月2日(土)

谷崎潤一郎新訳源氏物語の草稿を手にする参加者 文学部講演会「國學院大學蔵『谷崎潤一郎新訳源氏物語』草稿の書き入れについて」(荒川朋子氏・芦屋市谷崎潤一郎記念館元学芸員)が2103教室で10時30分から12時30分まで行われました。
  谷崎潤一郎は生涯で3回『源氏物語』を現代語訳しており(いわゆる「谷崎源氏」)、それぞれ旧訳、新訳、新々訳と呼ばれていますが、その内、新訳を刊行するにあたり、出版社と取り交わされた草稿がこのたび本学図書館に寄贈されたことと連動した企画。

 文学者・谷崎と、校閲者としてサポートした源氏研究者(山田孝雄、玉上琢弥、宮地裕、榎克朗)とのこだわりの違いなどが、この草稿を通じてわかります。

 源氏が嫌いといいながら、なおその文学作品としての偉大さを認め、現代語訳を試みた谷崎の生半可ではないエネルギーが伝わってきました。

 他大学の源氏研究者も含め、40名ほどの参加者は、講演終了後、草稿を手にし、目を輝かせていました。

今日のAMC今日のAMCの様子。

ようやく外郭の全貌がわかるようになりました。


月次祭、図書館所蔵貴重資料閲覧、AMC 6月1日(金)

月次祭準備をする斎員 月次祭が10時から斎行されました。前後は雨足が強かったのですが、祭の最中は雨が上がり、濡れることなく参列できました。


図書館所蔵貴重書閲覧 横浜市歴史博物館の方が図書館所蔵貴重資料の閲覧に来校されました。

 「鶴岡記録」「当社記録」のほか重要文化財の「神皇正統記」などを閲覧しました。

 センター北駅から徒歩5分のところにありますのでお近くの方は是非どうぞ。担当学芸員による展示説明「フロアーレクチャー」もあります。詳しくは

横浜市歴史博物館のホームページ

 

AMCの様子AMCの様子


このページに対するお問い合せ先: 広報課

広報
取材日誌
デジタル学報
國學院大學学報縮刷版
プレスリリース
コンテスト
メディアクリップ
ソーシャルメディア
國學院雑誌
國學院大學紀要