お問い合わせアクセスマップキャンパス案内サイトマップ文字サイズ文字サイズ小中 大
國學院大學
大学案内

取材日誌2007年1月

印刷する

2009年10月2日更新

経済学会懸賞論文表彰式 1月31日(水)

経済学会懸賞論文表彰式 経済学会懸賞論文表彰式が午後4時30分から若木タワー5階0507教室で行われました。

 応募総数62本から優秀賞4本、奨励賞2本、佳作15本が選ばれました。

 残念ながら今回は最優秀賞・青木賞の該当者はありませんでしたが、1・2年生からの応募も増やしたいというコメントがありました。

 とても和やかな雰囲気で、先生と学生との距離が近く、ゼミとして機能しているのが伺えました。

ソーラーパネル設置工事中
 百周年記念館屋上では、太陽光発電装置の設置工事が行われています。

 こちらは、昨年11月15日付で、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO技術開発機構)が行う、「平成18年度太陽光発電新技術等フィールドテスト事業(第2次)」の公募に係る新規共同研究先に採択されたことによるものです。


梅 1月30日(火)

正門脇の梅から若木タワーへの眺め大学は試験期間中につき、学生はいるのですが、どこか休みにはいっているような静けさです。

 

正門脇の白梅は、まだつぼみ。若木タワーが建ったことでおひさまに会う時間が短くなったからかもしれません。



AMC建築中 1月29日(月)

常磐松校地俯瞰常磐松校地に建築中の学術メディアセンター棟(AMC)は地下2階、地上6階の建物になる予定。

ヨコからのアングルも掲載してみました。


旧常磐松4号館方面からの眺め

 

旧常磐松校地通用門からの眺め

 

クレーン車が乗っているのが1階 地下2階部分ではショベルカーによる掘削作業が進んでいます。


東アジアにおける王権の比較研究、系列3校入学前教育、伝承文化学会卒論・修論発表会、國大・農大対校戦閉会式 1月27日(土)

金子由紀さん(上智大学大学院)の研究報告の様子シンポジウム「東アジアにおける王権の比較研究」が、「東アジア世界における王権の態様ー陵墓・王権儀礼の視点からー」を統一テーマに若木タワー5階0509教室で午前10時30分から行われました。

約40名の参加者が熱心に研究報告を聞いていました。

山西治男助教授による"I think ・・・”になれるポイント講義系列3校(國學院高校・國學院大學久我山高校・國學院大學栃木高等学校 )からの推薦入学者に対する入学前教育が今日から始まりました。

初日の本日は2104教室で、12時40分から行われ、大学で学ぶということの基本事項の説明がなされました。

14時20分からは岡田荘司教授による「國學院大學が目指すもの」と題した、歴史と建学の精神について講義がありました。

伝承文化学会卒論・修論発表会

國學院大學伝承文化学会卒論・修論発表会が午後1時から1203教室で行われ、約40名が参加していました。

東京農業大学全学応援団による「大根踊り」

午後5時から渋谷キャンパス体育館アリーナでは、第25回國學院大学・東京農業大学対校戦閉会式が行われました。

4勝3敗1引き分けという成績で今回も本学が勝ち越し。

両大学全学応援団によるリーダー公開も行われ、有名な「大根踊り」も披露されました。

正門脇さつき

今日は春の気配がするほど暖かく、正門脇のさつきが花をつけていました。

 


新年院友交歓会、常磐松校地 1月26日(金)

新年院友交歓会新年院友交歓会が午後6時より若木タワー18階有栖川宮記念ホールで行われました。

院友・福田浩子さんによる司会で進み、福引の進行は三遊亭遊吉師匠が行いました。

常磐松校地・コンクリート流し込み常磐松校地では、地下1階部分にコンクリートの流し込みが行われていました。

学術メディアセンターは、地下2階、地上6階になります。


A日程入試窓口受付、レポート受付 1月25日(木)

若木タワー地下での窓口受付案内2月2日~4日に実施されるA日程入試の願書窓口受付が11時から13時まで若木タワー会議室02にて行われました。

200件近くの出願がありました。

出願状況については

一般入試志願者速報ページを参照。

2103教室でのレポート受理風景授業は本日で終了。

教務課提出レポート最終日でもある本日は、2103教室で受け付けていました。

 

受験生・在学生ともに多く、キャンパス内がにぎやかな一日でした。


知的財産検定2級対策講座ガイダンス 1月24日(水)

総合学習・事業課員による知財検定2級対策講座受講ガイダンス 知的財産検定2級対策講座の受講ガイダンスが、12時40分から1時間、2203教室で行われ、30名以上の学生が参加していました。

3月に2級検定合格を目指すこちらの短期集中講座、詳しくは

知的財産検定2級対策講座のページ


二木謙一先生大学院最終講義 1月23日(火)

二木先生最終講義「年中行事にみる戦国期の室町幕府」有職故実研究で有名な二木謙一先生の大学院最終講義が14時45分から2203教室で行われました。

先生は、豊島岡女子学園中学高等学校長を兼ねるというお忙しい中、今年度は、大学院と博物館学課程の授業を担当。最終講義には、90名を超える方が出席し、教室はほぼ満席。それに応えるかのように1時間ほど講義は延長され、最後は温かい拍手と花束が贈呈されました。花束贈呈

車よけのバー車よけにバーが取り付けられていました。


センター入試2日目 1月21日(日)

受験生を乗せて出発する渋谷駅行都バスセンター入試2日目も終了。

最後の理科3の終了時刻は18時。

真っ暗闇の中、受験生は家路についていました。


巨人・矢野選手自主トレ 1月20日(土)

真剣なまなざしで自主トレを行う矢野選手本学硬式野球部出身で巨人軍で活躍中の矢野 謙次選手が、たまプラーザキャンパスグラウンドで自主トレ。

現役部員練習する傍らで、トレーニングに打ち込んでいました。竹田監督とツーショット


センター入試前日 1月19日(金)

会場下見風景明日・あさっての2日間行われる大学入試センター試験の会場に本学も使用されるため、入校制限が行われました。

 

他の入試前日も入校制限が行われますので、ご注意ください。

入学試験にともなう入校制限

窓ガラスに残った鳩のあと(下がくちばし)@広報課窓ガラス会場下見に鳩も来ましたが、残念ながら中には入れませんでした。


歴代理事長・学長の掲額 1月18日(木)

左から松尾・小林・佐々木理事長、阿部学長 右から佐藤・吉川・春田・上田学長

百周年記念館記念講堂に理事長3名(松尾三郎、小林武治、佐々木周二)、学長5名(佐藤謙三、吉川泰雄、春田宣、上田賢治、阿部美哉)の歴代理事長・学長の写真を追加掲額しました。

今まで一つだけ体裁が異なっていました学監・杉浦重剛氏の額も交換されました。

 


学内企業説明会 1月17日(水)

日本銀行の説明学内企業説明会が昨日16日(火)から2月7日(水)まで行われています。

各社の人事担当者から採用動向について詳しい説明がなされ、質問に対しても丁寧に応えていただけます。。

日程など詳しくは就職課でご確認ください。


有栖川宮記念ホール夜間開放 1月15日(月)

富士山本日より18日(木)まで17時~19時の間、若木タワー18階有栖川宮記念ホールを開放しています。

17時頃なら茜色の空にきれいに富士山のシルエットが映えています。

清掃工場の煙突の上には、宵の明星が輝いています。

マックノート彗星には縁がありませんでしたが、飛行機が星のように光っているのが肉眼で楽しめました。

常磐松校地俯瞰常磐松校地では、校地が着実に進んでいました。


日本文化研究所設立50周年記念事業記念国際シンポジウム 1月14日(日)

日本文化研究所設立50周年記念事業 記念国際シンポジウム「ひらかれる学術資産-学術メディアセンターの展望-」が10時30分から17時まで、若木タワー地下1階会議室02で開催されました。

パネリスト:相田満・井上順孝・内川隆志・小川直之・Jean-Michel Butel・堀内弘行・Benjamin Dorman


日本文化研究所設立50周年記念事業公開講演会 1月13日(土)

日本文化研究所設立50周年記念事業公開講演会が14時30分~17時30分まで、120周年記念2号館2101教室で行われました。

学生や教職員を含め、150名以上の参加がありました。

アフリカを中心とした文化人類学を研究、『文化の「発見」-驚異の部屋からファーチャルミュージアムまで』で第22回サントリー文芸賞も受賞している吉田憲司先生の講演が14時45分から、16時15分からは、携帯電話やデジタルカメラなどに使われているTRONを開発したことでも有名な坂村健先生の講演が行われました。

吉田憲司氏(国立民俗学博物館教授)「情報装置としてのミュージアム」吉田憲司氏(国立民族学博物館教授)「情報装置としてのミュージアム」

坂村健氏(東京大学大学院教授)「文化を支えるコンピュータ」坂村健氏(東京大学大学院教授)「文化を支えるコンピュータ」

草創期からのスライドショー18時からは若木タワー18階有栖川宮記念ホールにて懇親会がおこなわれました。

草創期からのスライド写真上映もあり、心もその時代に戻り話がつきない時間となりました。

 

明日は午前10時30分~午後5時まで記念国際シンポジウム「ひらかれる学術資産-学術メディアセンターの展望-」が渋谷キャンパスでおこなわれます。


平井直房本学名誉教授

初代主事のちに所長も務めた・平井直房本学名誉教授。設立当初の貴重なお話をしていただきました。

 

鎌田純一皇學館大学名誉教授

研究員第1期生として活躍された鎌田純一皇學館大学名誉教授。

 


車よけ 1月12日(木)

銅鐸型車よけ若木タワーエントランス部分の駐車禁止用車よけが、プラスチック製のコーンから銅鐸型のシルバーのものに変更されていました。

重さを確認する学生もちらほら。


文学部二部、神道文化学部卒業論文締め切り 1月11日(木)

卒論提出会場文学部第二部と神道文化学部の卒業論文締め切り日。、2103教室が受理会場となり、教室前でも論文を書いていました。卒論追い込み


会社法公開講演会、常磐松校地 1月9日(火)

会社法講演会14時30分から2302教室で、会社法公開講演会が行われました。

稲葉威雄早稲田大学大学院法務研究科教授・弁護士による「新会社法をどう見るか、どう読むか」と題したこちらの講演会には60名以上の方が参加していました。

常磐松校地俯瞰常磐松校地では、年始4日から作業が行われ、各ブロックに鉄柱が打ち込まれていました。

箱根駅伝「襷」:前にも後ろにも「國學院大學」という刺繍があり、両サイドもしっかりと縁取りされています。通常は桐箱に保管。

箱根駅伝への多数の応援ありがとうございました。

各区間ごとに写真を掲載してまいります。詳しくは

箱根駅伝(第83回)のページ

本学在学生・保護者、卒業生、本学(本法人)教職員の方から大会当日の写真を募集中です。詳しくは

箱根駅伝の写真を大募集のページ

 


歳旦祭、襷授与式 1月1日(月・祝)

歳旦祭あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

11時より神殿にて歳旦祭が行われました。

歳旦祭終了後、明日あさってと行われる箱根駅伝の襷授与式が行われました。襷授与式

舟木主務より「襷に願いを」
直会は若木タワー18階有栖川宮記念ホールで行われ、「今年は明るい美しい日本になるように」という理事長の挨拶を受けたようなまぶしい光の差し込む中、終始和やか雰囲気に包まれていました。

 

最後に陸上競技部大森総監督より挨拶があり、本日の全日本実業団駅伝にも、5名の卒業生が走っていることや、箱根駅伝への力強いコメントがありました。


このページに対するお問い合せ先: 広報課

広報
取材日誌
デジタル学報
國學院大學学報縮刷版
プレスリリース
コンテスト
メディアクリップ
ソーシャルメディア
國學院雑誌
國學院大學紀要