お問い合わせアクセスマップキャンパス案内サイトマップ文字サイズ文字サイズ小中 大
國學院大學
大学案内

取材日誌2006年3月

印刷する

2006年3月31日更新

時刻表 3月31日(金)

ロゴ入り時刻表本日で平成17年度が終了。

退職される職員の方との「別れ」場面があちらこちらで見られました。

「別れ」があれば新しい「出会い」。

新年度國學院大學に通うみなさまへ。
東急田園都市線たまプラーザ駅と渋谷駅で本学ロゴ入り時刻表を配布中。

該当駅のほか、渋谷キャンパスでは総務課、たまプラーザキャンパスでは事務課、学生課、図書館にて、それぞれの最寄り駅の時刻表が置いてありますので、ぜひご活用ください。



たまプラーザ桜、自転車ヨーロッパ横断関口氏 3月30日(木)

たまプラーザキャンパス桜並木たまプラーザキャンパスの桜が満開。道行く方も歩と止めてしばし観桜。

グラウンドでは野球部が練習していました。

本学史学科出身の関口治氏が家族で本年5月中旬から約4ヶ月に渡り、自転車でヨーロッパ横断されます。詳しくは、こちらからEUROPE11000km

先日大学に来校された際のことがブログに掲載されています。
君に見せたいものがある

大学としても応援してまいりますが、みなさんも応援メッセージをどうぞ。

学報2月号5面の紹介記事も合わせてご覧ください。


就職・教職担当顧問広田先生最終講義 3月29日(水)

教職担当顧問広田先生最終講義8年間に渡り、教職を目指す学生に熱い指導していただいた広田春彦顧問の最終講義が1405教室で14時30分から行われました。

終了時には大きな拍手とともに涙を流す学生の姿が見受けられました。


桜と若木タワー 3月28日(火)

本日の桜と若木タワー。国学院大学前交差点、常磐松小学校側から。
 


入学手続書類窓口受付 3月24日(金)

12:00から15:00まで2102教室にて入学手続書類窓口受付が行われました。
 


学位記授与式 3月22日(水)

11:00から法人会議室にて学位記授与式が行われました。遠藤潤、久野マリ子、鈴木保彦、高見寛孝、松本久史(順不同)の各氏に対し、安蘇谷学長から学位記が授与されました。なお、詳細については学報4月号をご覧ください。
 


「ラジオ課外授業」、経済学部40周年(政経学部55周年)記念会 3月21日(火)

 

13:00から、東京の民放ラジオ5社共同キャンペーンイベント「ラジオ課外授業3」が本学120周年記念2号館を会場として行われました。中学生約500人が参加、気象予報士の森田正光さんや國學院高校出身のTBS小林麻耶アナウンサーをはじめとするパーソナリティによるパネルディスカッション&「授業」を受けました。この模様は3月23日以降各局で放送されます。

また、16:00からは、経済学部40周年(政経学部55周年)記念会のイベントも行われています。

会に先立って16:00から1101教室で、今年度をもって定年退職となる伊木誠教授(上)ならびに高柳良治教授(下)の「お話をお聞きする会」が行われました。

記念会は17:30から院友会館大ホール他で開催され、宇梶理事長、安蘇谷学長をはじめとする教職員、卒業生など約300人が出席して盛大に祝われました。


「ラジオ課外授業」準備 3月20日(月)

明日本学を会場として行われる「ラジオ課外授業」の準備作業が午後から行われていました。左は正門脇看板設置、右はメイン会場となる2204教室での機器設置作業です。


卒業式 3月19日(日)

第114回卒業式がたまプラーザキャンパスで挙行されました。

 

式に先立ち9:00から渋谷キャンパス神殿では卒業奉告祭が行われています。

本日行われたのは、学部・専攻科・別科の卒業式(卒業証書・学位記並びに修了証書授与式)で、11:00からの式典はたまプラーザキャンパス体育館で行われました。
右はたまプラーザキャンパス正門付近の様子。

 

左)各学部等卒業生代表者への卒業証書等授与

右)式の模様は父母控え室へ同時中継されています。

 

左)安蘇谷学長告辞

右)外山院友会会長の来賓祝辞(代読佐藤副会長)

 

左)「卒業生に贈ることば」は、院友でぐるなび取締役の吉田真由美氏

右)卒業生総代答辞

 

左)式に続いて行われた学長特別賞授与式の様子

その後、各教室に分かれて卒業証書等の配付が行われました。

右)こちらは、講堂での神道関係表彰

 

14:00から体育館では祝賀会が行われました。以下はその様子です。

 

 

 

 

右下は若木21レストランヒルトップで行われた法学部OB・OG会懇親会の模様です。


大学院学位記授与式、法科大学院学位記授与式 3月18日(土)

大学院学位記授与式大学院博士・修士学位記授与式が渋谷キャンパス百周年記念講堂で午前10時から行われました。

法科大学院学位記授与式
第1回法科大学院学位記授与式が院友会館3階大会議室で正午から行われ、NHKの取材も入りました。

学位記のほか、日本臨床法学教育協会から表彰状とクリスタルも授与され、クリスタルにもシリアル番号が刻まれていました。こちらはno.00001日本臨床法学教育協会からのクリスタル


「ラジオ課外授業」打ち合わせ 3月17日(金)

21日(火・祝)に本学が会場となり実施される「ラジオ課外授業」の、主として技術関係の下見・打ち合わせが行われました。写真はメイン会場となる2104教室での機器操作関係打ち合わせの様子です。


実践女子学園高校との高大連携調印 3月16日(木)

12:30から法人会議室で、実践女子学園高等学校との連携教育協定調印式が行われ、本学安蘇谷学長、実践女子学園高等学校松田校長との間で協定の調印が行われました。


権正階閉講、青葉寮防災訓練 3月15日(水)

左)10時から神殿では神職養成講習会権正階の閉講奉告祭が行われました。
右)同じく10時からたまプラーザでは、青葉消防署の方をお招きして青葉寮前庭で寮生対象防災訓練を実施しました。


学生部長賞表彰式 3月13日(月)

13:30から常磐松大会議室にて学生部長賞(後期)の表彰式が行われました。

ボクシング部他10団体と個人5名が遠藤学生部長から表彰を受けました。詳細については4月号の学報をご覧ください。

 


経済学部推薦入学者ガイダンス 3月11日(土)

12:30から120周年記念1号館3階教室を中心に経済学部の推薦入学予定者に対するガイダンスが実施されました。第1部はガイダンス「大学生活へのいざない」、第2部では「授業:経済学を学ぶとは」がそれぞれ経済学部教員によって行われています。また、同時に保護者へのガイダンスも行われました。
 


A方式3月入試 3月10日(金)

雨の中、A方式3月等の入試が行われています。左は渋谷キャンパス正門、右は会場となる120周年記念2号館入場の様子です。


A方式3月入試前日 3月9日(木)

明日はA方式3月などの入試。いつもと同じく、渋谷キャンパス正門にも看板が立てられています。


オープンカレッジ修了式 3月8日(水)

オープンカレッジの累積単位が32単位になった受講生に対する修了式が13:30から2501教室で行われ、針本教授から該当者に対し「國學院大學オープンカレッジ修了証」が授与されました。
 


若木タワー他 3月7日(火)

本日の若木タワーです。なお、右下の白い建物は若木会館です。

 

本学香道部顧問の長濱氏から連絡があり、3月10日(金)8:30~8:45にNHK教育テレビで放送される「今日の健康」に出演するとのことです。

 


図書館新システム稼動、学術フロンティアシンポジウム 3月6日(月)

左)本日から図書館新システム「K-aiser」が稼動しました。新検索システムも使用開始です。

右)13時から1304教室にて、学術フロンティアシンポジウム「画像資料研究の成果と展望―「学術資料アーカイブス」構築にむけて―」が行われました。写真は「折口信夫資料の概要と特質」について説明中の小川直之教授です。


卒業者発表,文学部推薦入学者ガイダンス,国史学会(卒論発表会) 3月4日(土)

午後2時に卒業者発表おこなわれた法科大学院前掲示板の様子。

続いて120周年記念1号館1101~1104教室にて成績通知書が交付されました。そちらを久しぶりに会う友人と待つロビーの様子。卒業者発表掲示板成績書交付を待つ学生が集う120周年1号館ロビー

電子掲示板@120周年記念1号館エントランス120周年1号館エントランス部分には電子掲示板が設置され、テスト運用が始まり、成績通知書交付についてなど、大学からのお知らせが表示されていました。

 

 

文学部推薦入学者ガイダンス 午後1時から120周年2号館2101教室では、文学部推薦入学者ガイダンスが行われました。引き続き午後2時からは学科別にガイダンスが行われました。
午後2時20分から、120周年2号館2301~3教室で国史学会3月例会(卒業論文発表会)が行われていました。 国史学会3月例会(卒業論文発表会)


月次祭・祈年祭、図書館システムリニューアルにともなう休館 3月1日(水)

午前10時から雨の中、月次祭・祈年祭が行われました(写真)。

 

また、図書館は6日(月)に予定されているシステムリニューアル準備のため、本日から休館になっています。



このページに対するお問い合せ先: 広報課

広報
取材日誌
デジタル学報
國學院大學学報縮刷版
プレスリリース
コンテスト
メディアクリップ
ソーシャルメディア
國學院雑誌
國學院大學紀要