お問い合わせアクセスマップキャンパス案内サイトマップ文字サイズ文字サイズ小中 大
國學院大學
大学案内

取材日誌2005年12月

印刷する

2005年12月24日更新

防災訓練、大祓 12月24日(土)

 

今年の事務は今日で最後になります。

11:00からは事務局中心に大地震を想定した全学的な防災訓練が行われました。

写真左は教室からの避難訓練、中は負傷者介護訓練、右は本部となった2101教室の様子です。

課題がいろいろ出ましたので、今後さらに検討を重ね、緊急時の対応がしっかりできるようにしたいと考えます。

16:00から神殿にて大祓式が行われました。これで今年の大学行事は終了。明日から1月6日までは冬休み期間となります。


格付け取得、箱根駅伝応援助勢説明会 12月22日(木)

学校法人國學院大學は「AA-(ダブルAマイナス)」(2005年12月5日付)の格付けを株式会社格付投資情報センター(R&I)より取得しました。 詳しくはこちら

箱根駅伝応援助勢(職員)説明会昨日の学生ボランティアへの説明会に引き続き、15:00から箱根駅伝応援助勢(職員)説明会が開催されました。


樋口博士記念賞・加藤博士記念賞授賞式、箱根駅伝学生ボランティア説明会 12月21日(水)

今年度の樋口博士記念賞・加藤博士記念賞の授賞式が12:30から常磐松法人会議室で行われ、安蘇谷学長から各受賞者に賞状・副賞が手渡されました。

なお、受賞者・対象業績は下記の通りです。

 

樋口博士記念賞

受賞者

対象業績

塩野博

(元埼玉県立博物館長・本学兼任講師)

『埼玉の古墳』(さきたま出版会、平成16年刊)

谷口康浩(本学兼任講師)

『環状集落と縄文社会構造』(学生社、平成13年刊)

加藤有次博士記念賞

受賞者

対象業績

内川隆志

(本学考古学資料館学芸員)

『博物館資料の修復と製作』(雄山閣出版、平成16年刊)

 

14:00から1205教室では、箱根駅伝学生ボランティアへの説明会が行われました。そろいのウィンドブレーカー姿は、本番ではかなり目立つことでしょう。


授業終了 12月19日(月)

本日で学部・大学院の12月の通常授業は終了になり、明日からは補講が行われることになります。

写真は120周年記念1号館裏から撮ったものです。本部棟(仮称)の最上階の屋根部分鉄骨の組み上げが進んでいるようです。



セクハラ研修会、法科大学院進学相談会、国際交流の集いなど 12月17日(土)

8:50から2101教室では全学生対象のセクシャル・ハラスメント防止のための研修会が行われました。参加者は約150名。山口のり子氏による「デートDV」についての講演が行われました。
13時から2401教室(法廷教室)では法科大学院の進学相談会が行われました。各種説明・質疑応答の他に個別相談や施設見学なども行われています。
写真は武田教授による説明。

  

14:30からは国際交流センター会議室にて、国際交流の集い「ドイツのクリスマスと年末行事」が行われました。招聘研究者のパピスト松尾さんが講師となり、中国・マレーシアからの留学生も参加して、ドイツのクリスマス期間などの話を聞いたり、クリスマスリースの製作もしたり楽しい時間をすごしました。

 

その他にも各種催しが行われています。こちらは120周年記念1号館(左)、同2号館(右)各1Fの様子です。(クリック拡大)


「神道・日本文化と外来宗教思想研究会」 、箱根駅伝応援千羽鶴&「シューター」 12月16日(金)

第6回「神道・日本文化と外来宗教思想研究会」(COEプログラム)が院友会館大会議室で開催されました(14:00~17:00)。テーマは「中国の「呪符」(符呪)など」。写真は坂出祥伸関西大学名誉教授の発表。

18:30から院友会館で行われた箱根駅伝応援の会では、本学学生の折った千羽鶴が、玉井会長から鈴木監督に手渡されました。(右)

本学応援ポイントでは↑写真のシューター(2本を打ち合わせて音を出す)など応援グッズの配布も行われます。直接選手を支援できる沿道での応援もよろしくお願いします。

 


箱根駅伝関係記事 12月15日(木)

本日の読売新聞朝刊に箱根駅伝関係で本学の紹介が掲載されています

昨日練習風景等の取材が行われたので、今後各紙(誌)に記事が掲載されていくはずです。



就職関係諸行事、大学院進学相談会 12月14日(水)

12月半ばの水曜、冬期休暇を前に学内では進路・就職関係の諸行事が行われています。

 

左)常磐松大会議室で行われた(企業)内定者先輩報告会(12:00~15:50、入退室自由)。企業内定者による個別報告(相談)の様子です。

右)16:00から2103教室では(教職)非常勤講師説明会が行われました。こちらも就職課からの概要説明のほかに、東京都の非常勤講師を経験、今年教採に合格した先輩の報告が行われています。

同じく16:00から2203教室では「人事部長から見た就職ガイダンス」も行われています。講師はダイワボウ情報システム総務部長の中込氏。約80名の参加者は、企業の採用の実際についての話に聞き入っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方こちらも16:00から2201教室で行われた大学院進学説明会。法科大学院を含む各コースごとの説明の後、担当教員による個別の相談が行われ、50名を超える参加者が各ブースで熱心な質問をする光景が見られました。


箱根駅伝壮行会 12月13日(火)

12:20からたまプラーザキャンパス中庭で箱根駅伝壮行会が行われました。遠藤学生部長ほかが出席、来年1月2・3日の本番での健闘を祈りました。

 

挨拶をする大森総監督・教授(左)と鈴木監督(右)

左)応援団とシールズ、中)応援グッズの配布、右)応援に集まった学生たち

 

こちらは今日のタワー。(クリックで拡大)


箱根駅伝グッズ 12月12日(月)

現在一般発売中の「サッポロ生ビール黒ラベル」「箱根駅伝缶」です。中央に本学の名も(右)。文字は本学のスクールカラー、というわけではないと思いますが。

明日の壮行会(12:20、たまプラーザキャンパス中庭)では、陸上競技部のカレンダー、小旗と応援ガイド(院友会報、応援ポイント・出場予定メンバー表など)が配布される予定です。

 

 

こちらは生協で販売中のウィンドブレーカー。


学内OB・OG説明会 12月10日(土)

学内OB・OG説明会学内OB・OG説明会を14時から17時まで120周年記念2号館2403、2502・3教室にて開催。

後輩思いの先輩たち(30名)がフランクに話をしてくれますので、肩肘張らずに現場の声が聞けるいい機会。約130名の参加があり、どのブースも盛況でした。

次回は2月を予定しています。

 


1)部卒論締切、大職研第2分科会研究会 12月9日(金)

本日は文学部第一部(神道学科含む)4年生の卒業論文提出締切日です。

左から、本日の受理会場2102教室、提出された卒論、正午の会場締切、そして会場前に出された掲示です。(いずれもクリックで拡大します)

なお、文学部第二部および神道文化学部の提出締切は1月12日です。

14時から百周年記念講堂では大学職業指導研究会第二分科会研究会が行われています。各大学の就職担当者75名が参加。写真は、企業の人事担当者によるパネルディスカッション「人事担当者からの学生評価法」の様子です。


「マスコミの日」、学位記授与式、通信制小学校免許説明会、奨学金返還説明会 12月7日(水)

マスコミ院友会・就職課による「12月7日はマスコミの日」と銘打たれたイベントが開催されました。

まず16:00から院友会館3F会議室で「マスコミなんでも相談会」。出版・広告・新聞(放送関係者は都合により欠席)の各ブースに別れ、マスコミ界で活躍する現役院友による個別相談会が行われました。約50名のマスコミを目指す学生が参加しています。

18:30からのマスコミ院友会総会をはさんで、19:00からはジェネレーション交流会が地下ホールで行われました。66期から103期までのマスコミ院友会員と約40名の学生の交流が行われ、熱心にマスコミ界について質問する学生、それに対しアドバイスする院友の姿が見られました。

  

左)11:00から法人会議室で行われた学位記授与式。緒方惟章、後藤みち子、西海賢二の各氏に対し、安蘇谷学長から学位記が授与されました。

中、右)先週の玉川大学に続き、16:00から2103教室で行われた明星大学による通信教育「小学校免許課程説明会」。個別相談も行われました。

 

こちらは17:00から1105教室で行われた日本学生支援機構(旧日本育英会)による奨学金返還説明会の様子です。


たまプラーザ東急SC箱根駅伝応援垂幕 12月6日(火)

たまプラーザ東急SC箱根駅伝応援垂幕たまプラーザ東急SCにも12月1日(木)から箱根駅伝の応援垂れ幕が掛かっています。

箱根駅伝応援のページも随時更新しますので参考に。



タワー屋上クレーン解体 12月5日(月)

本日、タワー屋上のクレーン解体作業が行われています。その様子の一部です。
  


COE総合シンポジウム2日目、児童文学会シンポジウム 12月3日(土)

昨日に続き、13:00から17:00まで120周年記念2号館2104教室にてCOE総合シンポジウム2日目の研究会議「中世神仏文化の点と線―真福寺の神道書と伊勢神道―」が神道宗教学会との共催で行われました。
写真右上は、会場に展示された真福寺(大須観音)所蔵『伊勢二所皇御鎮座伝記』。

なお、3日目(12月4日)は国史学会との共催で、10:00から17:30まで120周年記念1号館1105教室で国際研究会議「古代・中世の異文化間交流―固有信仰と外来宗教―」を開催。

 

1204教室では14時から児童文学会のシンポジウムが開催されています。講師は人気児童文学者の柏葉幸子氏。会場には著書・訳書なども展示されていました。


COE総合シンポジウム「神道の形成発展」 12月2日(金)

今日から3日間にわたって、COEプログラムの総合シンポジウム(第2回)「神道の形成発展 ―異文化・仏教との関わりを中心に―」が行われます。

本日は午後2時から基調講演が行われました。

 

左)受付の様子 中)安蘇谷学長挨拶 右)会場の2203教室を埋めた聴衆

 

左)末木文美士氏(東京大学)による基調講演「神道学と仏教学」
右)義江彰夫氏(東京大学)の基調講演「神仏習合史の歴史的展開」  


月次祭、法学会主催講演会、「鉄構技術」、「地域の伝承文化に学ぶ」コンテスト反響 12月1日(木)

 

左)10時から神殿で月次祭・新嘗祭が行われました。

右)法学会主催の講演会「パラリーガルとは何か」が13時から2203教室で行われました。国内法務(手続法)の専門職としての法律事務職員・パラリーガルについて、本学非常勤講師でもある横店恵美氏他の講演が行われています。

 

「鉄構技術」という月刊誌の11月号に本学の本部棟(仮称)が取り上げられています。図面や写真等でかなり詳しく書かれていますので、耐震構造等も大丈夫でしょう。

また、先日行われた「地域の伝承文化に学ぶ」コンテストについて、受賞者関係の記事が「陸奥新報」紙に掲載されています。

2年前に在職中に逝去された阿部美哉前学長の展墓が行われ、宇梶理事長・安蘇谷学長以下の役員が参列しました。


このページに対するお問い合せ先: 広報課

広報
取材日誌
デジタル学報
國學院大學学報縮刷版
プレスリリース
コンテスト
メディアクリップ
ソーシャルメディア
國學院雑誌
國學院大學紀要