お問い合わせアクセスマップキャンパス案内サイトマップ文字サイズ文字サイズ小中 大
國學院大學
大学案内

取材日誌2005年11月

印刷する

2005年11月30日更新

『中世日本紀・神道書籍』展覧会、センター試験監督者説明会 11月30日(水)

本日より12月7日(水)まで神道資料館にて『中世日本紀・神道書籍』展覧会が行われています。これは12月2日から4日にかけて行われる、21世紀COEプログラムの第2回総合シンポジウム「神道の形成発展―異文化・仏教との関わりを中心に―」関連企画です。

参考ページはこちら

また、下は展覧会図録の表紙です。

16時からは2203教室で、来年1月に行われるセンター試験の監督者に対する説明会が行われました。


伊勢物語貴重資料展示、渋谷駅前駅伝広告 11月29日(火)

上左)昨日から図書館1Fにて今年度3回目の伊勢物語貴重資料の展示が行われています。 今回の展示は武田祐吉博士旧蔵本「伊勢物語絵巻」など11点です。

上右)渋谷中央街アーチビジョンで駅伝応援の動画が放映されています。

右)ちなみに向かいの東急百貨店東横店の壁面には応援の垂れ幕も出されています(11月10日ごろから)。



錦秋 11月28日(月)

紅葉と建設中のシンボルタワー錦秋

図書館脇の桜がきれいに色づいています。

その錦秋の向こう側では、学生が卒業論文のラストスパートをかけていました。


日本文化研究所創立50周年記念公開学術シンポジウム、国際交流の集い、院友会東京都23区支部設立総会 11月26日(土)

日本文化研究所50周年記念公開シンポジウム 日本文化研究所創立50周年記念公開学術シンポジウム「ひらかれる学術資産 ―デジタル時代の挑戦―」 が120周年記念2号館2203教室で午後1時30分から開催されました。

写真は総合討議の様子。

世界のお茶を知ろう-中国茶を中心に-
中国茶を入れてみよう

第4回国際交流の集い「世界のお茶を知ろう-中国茶を中心に-」が国際交流センター1階会議室にて午後2時20分より開催されました。

中国・南開大学からの交換留学生・ウランさんが、故郷・内モンゴルの衣装で中国茶芸のお手前を披露。次に参加者全員が中国茶道体験。中国ではお茶を入れる際に口にする決まり文句(4文字熟語のようなもの)あり。この他、中国茶と点心を堪能しながら、自然と中国文化が学べる貴重な体験でした。

次回は12月17日(土)ドイツのクリスマスを体験予定。日本語だけでも大丈夫。身近な国際交流の機会ですので参加してみてはいかがでしょうか。詳しくは、国際交流センターまで。

佐藤早苗院友会23区支部長の挨拶午後4時からは院友会東京都23区支部設立総会が院友会館3階大会議室で行われました。

左は支部長に選出された佐藤早苗さんの挨拶の様子。


箱根駅伝応援垂れ幕 11月25日(金)

左)建設中のシンボルタワー中段に陸上競技部箱根駅伝応援の垂れ幕がかかりました。前回学内にかかったものを再利用したものですが、タワーにかけると少々小さく見えます。

右)南東側から見たタワー。手前に120周年記念1号館、その右側に同2号館(チラッと本館も見えますが)、その向こうにタワーがそびえています。


創作コンテスト、「地域の伝承文化に学ぶ」コンテスト表彰式 11月23日(水)

本日、第9回全国高校生創作コンテストおよび第1回「地域の伝承文化に学ぶ」コンテストの表彰式、懇談会が行われました。

まず、10:30から「地域の伝承文化に学ぶ」コンテスト表彰式が2102教室で行われました。

左)安蘇谷学長挨拶、右)会場の様子

 

 

左)会場内では受賞作品の展示も行われました。こちらは研究レポート部門最優秀賞&折口信夫賞受賞の栃木県立栃木農業高等学校地域おこしプロジェクト班による「農村文化で村おこしを 麻の里とちぎの伝統工芸を次世代に」。

右)表彰式終了後の記念撮影。

 

この日は、120周年記念1号館中心にオープンキャンパスも行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは11:00から院友会館3階会議室で行われた創作コンテスト表彰式。右は海老沢泰久氏をはじめとする審査員各氏。

 

 

懇談会は両コンテスト合同で12:00から院友会館地下ホールで行われ、受賞者が審査員に詳しい評価を聞いたり、両コンテスト関係者の交流が行われたりと、和やかな雰囲気で行われました。右はこちらでも行われた伝承文化コンテスト受賞作品の展示の様子です。


アカデミープロテクションセミナー 11月22日(火)

13:30から百周年記念講堂で第1回アカデミープロテクションセミナー~教育機関における情報セキュリティと実務における対策事例~が行われました。他大学等から約100名、本学教職員から約20名が参加しています。

下は、本学佐柳正三広報担当理事・情報セキュリティ委員長の挨拶の後行われた、左から、「教育機関における情報セキュリティについて」情報セキュリティコンサルタント立松克祥氏、「國學院大學における情報セキュリティの取り組み」本学情報システム課長堀内弘行課長と同及川聡課長補佐の各講演の様子です。なお、この他に「BS7799からISO27001へ」審査会社BSIジャパン部長井上正昭氏、「アカデミープロテクションの戦略的活用法」(株)フリーダムグループ代表取締役佐藤敏満氏の話がありました。



陸上部写真撮影、箱根駅伝関係展示、カピー・田村祥浩君記念奨学金表彰式 11月21日(月)

13:00から祭式教室をつかって、陸上競技部の来年度カレンダー、ポスターなどに使う写真の撮影が行われていました。

右の襷は実際に使われたものだそうです(通常は院友会館に展示されているもの)。

一方、120周年記念1号館1Fでは、箱根駅伝応援の展示が。過去の出場時の写真や資料、来年の応援ポイントを書いた地図などが展示されています。


今年度のカピー奨学金、田村祥浩君記念奨学金採用者が決定、12:15からたまプラーザキャンパス第5会議室にて表彰式が行われました。
カピー奨学金は外国語文化学科2年田村衣美花さんと史1年佐々木優さんが、それぞれ遠藤学生部長から表彰を受けました(田村祥浩君記念奨学金の神道文化学科1年田中みずきさんは欠席)。


理事長杯野球大会 11月20日(日)

第22回理事長杯争奪野球大会が8:00からたまプラーザキャンパスで行われました。法人および関係校である、大学、國學院高校、久我山高校、栃木高校の教職員野球部の対抗試合が実施され、優勝は栃木高校でした。写真は16:30からレストランヒルトップで行われた懇親会の模様です。


COE研究集会、日文研公開学術講演会、神道文化学部履修・進路ガイダンス、有力企業セミナー、院友経済会総会 11月19日(土)

11月の土曜日ということで各種イベントが行われています。

左)13:00から2203教室で行われた、21COEプログラム研究集会「東北アジアからみた縄文文化」。 伊藤慎二COE研究員の発表。
右)13:30から2104教室では日本文化研究所「秋季公開学術講演会」が行われていました。 講師は栁田康雄(元九州歴史資料館副館長)氏。

 

左)神道文化学部では2・3年生対象の履修・進路ガイダンスを実施。写真は14:30から2101教室で行われた3年生対象ガイダンス。神社奉職、一般就職、明階総合課程、卒論・演習に関する説明などが行われました。

なお、2年生対象ガイダンス16:30から実施。

右)こちらは就職課主催の有力企業就職セミナーのひとコマ。

 

16:00からは2402教室で院友経済会の定例総会・講演会が行われました。今年度は学生に人気のある講義ということで、文学部加藤季夫教授の「ヒトの脳のはたらき」の講演が行われ、好評を博していました。(写真左)

その後、18:00から会場を院友会館地下ホールに移して懇親会が行われています。(写真右)


マニトバ大学スタッフとの打ち合わせ 11月18日(金)

 

マニトバ大学スタッフとの打ち合わせ本学の協定校であるカナダ・マニトバ大学のスタッフの方が、来年度の短期留学などの打ち合わせのため来校。

左から、本学で9月からK-STEPを受講している同大学からの交換留学生・Stevenさん、中央は、IEPのディレクターDr. Arthur LeBlancさん、右は、Continuing EducationのDean(学部長)Dr. Anne Percivalさんです。

※IEP= Intensive English Program:本学が参加する短期留学を運営。

※Continuing Education:生涯学習センター。

 

本日行われたStevenさんへのインタビュー記事は、学報別冊「K:DNA冬号」に掲載予定です。


シンボルタワー建設状況 11月17日(木)

通学路から見たシンボルタワー(夕方)建設中のシンボルタワーが通学路からもはっきり見えています。

下の3枚は、最上階・18階からの眺め。

左から渋谷駅方面、新宿新都心方面、六本木ヒルズ方面、

肉眼では富士山も見えます。

(クリックでそれぞれ拡大)

渋谷駅方面の眺め渋谷駅方面の眺め六本木ヒルズ方面


警察官・消防官講座ガイダンス 11月16日(水)

12:40-14:10に1101教室で警察官・消防官講座のガイダンスが行われました。第2回は11月30日に行われます。

詳細は総合学習・事業課で。



業界研究会4日目 11月14日(月)

12月2日まで行われている就職課主催の業界研究会。本日はプリンスホテル(2201教室・写真)と東急ストア(1303教室)でした。

まだまだ続きますので就活を目指す学生はぜひ積極的に参加を(詳細はK-SMAPYで)。



フジTV取材、COE国際シンポジウム、県高野連理事長就任を祝う会 11月12日(土)

15日の紀宮様ご結婚に関する特番関連でフジテレビの取材がありました。皇室の結婚式作法などについて神道文化学部沼部春友教授が祭式教室で説明を行いました。 (インタビュアーは長野翼アナウンサー)
この模様は15日(火)9:55からの番組中で放映される予定です(11:00前後とのこと)。

 

左)13:00からは2104教室でCOE国際シンポジウム「日本列島における祭祀の淵源を求めて」が行われました。写真は趣旨説明をする吉田恵二教授・事業推進担当者。

右)18:00から院友会館会議室で行われた「名塚徹・山北栄治両氏の県高野連理事長就任を祝う会」の様子。名塚氏は神奈川県高野連理事長、山北氏は徳島県高野連理事長および日本高校野球連盟理事に就任しています。


羽咋・藤井家旧蔵 折口信夫遺墨展 11月11日(金)

本学で購入した折口信夫博士の養子藤井春洋の生家である藤井家所蔵の折口博士遺墨の展示会が本日から14日(月)まで常磐松2号館第2会議室で行われています。折口博士の色紙・短冊・軸物など118点のほか、博士に関する写真なども展示されています。

本日は、羽咋市から藤井家の関係者もおいでになり、展示をごらんになった後、大学から藤井家への感謝状の授与も行われました。


司法試験複数合格 11月10日(木)

本年度の司法試験の結果が発表になり、本学出身者2名が合格しているようです。(参考ページはこちら

本学としては初めての複数合格者となります。詳細がわかりましたらトップページに掲載いたします。

 

訂正.複数合格は初めてではありませんでした。昭和58年に秋元善行、武田仁両氏が同時合格しています。お詫びして訂正します。(11月11日)



業界研究セミナー開催中 11月8日(火)

昨日(7日)から12月2日にかけて就職課主催の業界研究セミナーが開催されています。

本日はIT・通信業界のNTTドコモ(写真)と不動産業界のレオパレスです。

学内で各業界の代表的な企業の話が聞けるチャンスです。学生で詳細を見たい場合および申し込みはK-SMAPYで。



若木祭後片付け日 11月7日(月)

本日は若木祭後片付け日のため4時限目まで休講になっています。

左)そんな中で外国人留学生願書受付が2102教室で行われていました。

右)高校生の大学見学も。


若木祭最終日 11月6日(日)

最終日10:30からは体連主催【芸人企画】「長州小力お笑いライブ」が講堂で行われました。長州小力(左)と前座のフィットネス(右)のステージの様子。


若木祭第3日、就職関係行事、COEシンポジウム 11月5日(土)

若木祭も3日目。たまの青空のもと各種催物が行われています。

左)11:30から中庭で行われた居合道部「演武会」

右)12:00から体育館(アリーナ)で行われた空手道部「演武会」

左)13:00から中庭での全学応援団「リーダー公開」

右)同じく13:00から301番教室観世会の「舞台発表」

 

一方渋谷でも各種行事が行われています。

就職関係行事としては、教職関係企画で「よし、先生になろう」と題して、2301教室にて

左)13:00から現職の院友中学校長の話

右)14:30からは今年度合格の4年生によるパネルディスカッション

が行われました。

左)こちらはプロフェッショナル・キャリア・カウンセラー坪田まり子さんによる就職活動マナー講座(14:20~2201教室)。多くの参加者が「就活」の基礎となるマナーを学んでいました。

右)最後はCOEシンポジウム「日本人の宗教性の国際比較―日本人はどのように宗教的なのか―」。詳細はこちら


学生部長賞(前期)表彰式、若木祭、國學院雜誌座談会 11月4日(金)

学生部長賞(前期)表彰式学生部長賞(前期)表彰式、エール

学生部長賞(前期)の表彰式がたまプラーザキャンパス若木21にあるヒルトップで行われました。剣道部・卓球部・モーターボート水上スキー部が受賞。今年は、スウィーツとコーヒー付懇親会を実施、最後に全学応援団から受賞部会にエールが送られました。

観世会仕舞合気道部演武

衛生チェック出店

若木祭2日目。作品展示や演武などが行われています。各出店は保健師による衛生チェックもしております。

本日は、創立記念日につき、本学は休日。

「國學院雑誌」の座談会が院友会館で実施されました。「日本語教育の現在」というテーマで展開されたこちらの様子は、来年平成18年1月号に収録されます。

國學院雜誌座談会

 


若木育成会キャンパス見学会(たまプラーザ)、若木祭 11月3日(祝)

若木育成会キャンパス見学会、加藤季夫たまプラーザキャンパス長による大学の説明若木育成会キャンパス見学会図書館見学


若木育成会キャンパス見学会がたまプラーザキャンパスで開催され、遠くは秋田県支部からご父兄を含め、約70名参加。加藤季夫キャンパス長による大学の説明と図書館見学。ヒルトップで食事をした後は、今日からスタートの若木祭へ。アドバルーンもあがっています。

ヒルトップで食事若木祭のアドバルーン


歌唱文化講演&演奏会 11月2日(水)

午後1時から渋谷キャンパス常磐松2号館大会議室で、「中国トン族の歌唱文化」と「南島奄美の歌唱文化」の2つのテーマによる講演と演奏会が行われました。これは、本学特別推進研究助成金の平成17年度に採択された、辰巳教授の研究課題

「東アジア圏における対面歌唱システムに関する形成過程の研究」の研究活動の一環として、また、辰巳教授が主催する「東アジア文化テーブル」で行われている「奄美文化研究会」の第5回目として行われたものです。ゲストには、呉定国貴州民族学院客員教授、東京奄美会女性部ほかが招かれています。

左)奄美群島の中でも琉球に近い地方で行われている「八月踊り」。辰巳先生も輪の中に入って踊っています。

右)奄美地方で宴の最後に行われる「六調」。


創立記念祭、物故者慰霊祭 11月1日(火)

9:00から神殿で創立123周年記念祭が行われました。正式には11月4日が創立記念日ですが、数年前から月次祭とあわせて11月1日に行われています。

10:30からは百周年記念講堂にて物故者慰霊祭が行われています。これは皇典講究所以来の関係物故者、特にこの1年間に亡くなられた、本法人関係の役教職員(元を含む)、学生、生徒の慰霊をするお祭りです。


このページに対するお問い合せ先: 広報課

広報
取材日誌
デジタル学報
國學院大學学報縮刷版
プレスリリース
コンテスト
メディアクリップ
ソーシャルメディア
國學院雑誌
國學院大學紀要