お問い合わせアクセスマップキャンパス案内サイトマップ文字サイズ文字サイズ小中 大
國學院大學
大学案内

取材日誌2004年11月

印刷する

2004年11月30日更新

今日の工事状況 2004年11月30日(火)

引き続き地下掘削工事中です。まだしばらくはこんな感じが続くのでしょうか。
なお、写真は西門側。左上の緑はお隣の氷川神社です。



就職関係行事 2004年11月29日(月)

左)120周年記念2号館入口で行われていた日経就職ガイド無料配布の様子。主として学部3年生対象に行われました。
右)17:50から2104教室で行われた「筆記試験」体験模試&講義[2](SPI編)。明日(30日)は一般常識編が行われます。
3年生の就職活動もいよいよ本格化近しといったところでしょうか。


国際シンポジウム、就職関係行事、南開大学国際交流セミナー続報他 2004年11月27日(土)

秋の土曜日の午後ということで、今日も各種行事が目白押しです。
まずは国際シンポジウム「動物と儀礼―東アジアの中の日本―」。國學院大學21世紀COEプログラムの一環で、今日は北京大学の趙輝先生が「中国史前社会の再検討」という題目で基調講演されました(写真左)。明日は研究発表が行われます。詳細はこちらをご覧ください。
また、國學院大學国語研究会後期大会も行われています(右)。


就職支援プログラムとしては、
左)教職合格者報告会。7名の合格者の報告を熱心に聞く教職希望者たち。その前の時間には教職OB講演会も行われました。
右)有力企業就職セミナー。楽しみながら真剣に今日のテーマ「ディベート」を行う参加者たち。

こちらは午前中に行われた南開大学国際交流セミナー。今日はまず瑞玉会・青葉雅楽会などによる雅楽演奏を鑑賞。

そして発句発表会。中国人参加者たちも見事な一句(左)。右は須原和男教授(国際交流委員)による講評の様子です。


箱根駅伝関東学連選抜チーム顔合わせ(25日) 2004年11月26日(金)

残念ながら本学は来年正月の箱根駅伝本選出場を逃しましたが、陸上競技部の大森俊夫部長・総監督が関東学連選抜チームの監督に選任されています。
昨日はチームの練習会、編成・顔合わせ会が本学たまプラーザキャンパスで行われました。
写真左は大森監督と取材陣。日本テレビ、読売新聞、報知新聞、月刊陸上競技、ベースボールマガジンのマスコミ各社が取材に来ていました。
右は代表に選ばれた16人の選手たちです。本学からも中山君、三島君の二人が選ばれています。12月4日の学連記録会の結果により出場できる10人に絞られるようです。(取材協力:たまプラーザ事務課)

 


プロ野球ドラフト続報(広島球団挨拶) 2004年11月25日(木)

19日付既報の通り、本学硬式野球部梅津君が広島東洋カープから指名されていますが、本日広島側が大学に挨拶に見えました。(写真左)
右は、宇梶理事長、安蘇谷学長とがっちり握手する梅津君です。
なお、今日は中国新聞からの取材も入っていました。(取材:さ)
中国新聞の記事はこちら(H16.11.26付)


ジコピー道場in國學院  2004年11月24日(水)

就職活動のトレーニングの一つ「ジコピー道場」が2104教室で開催され、他大生も含め約100名ほどの学生が参加。学生が運営しているジコピー運営委員会が主催、講師は羽根拓也氏(アクティブラーニング社代表)。ジコピーとは「自己PR」のことです。


高校生創作コンテスト表彰式他 2004年11月23日(火)

左)國學院大學と高校生新聞社主催の第8回全国高校生「創作コンテスト」表彰式が院友会館で行われました。
写真は安蘇谷学長の挨拶です。さらに詳しくはこちらをご覧ください。
右)また今日は、120周年記念1号館を主会場に今年度最終のオープンキャンパスも実施されています。


南開大学国際交流セミナー開講 2004年11月22日(月)

本学と独立行政法人日本学生支援機構の共催で行われる「南開大学国際交流セミナー」が本日開講されました。
左は開講式の様子。右は橘文学部教授(国際交流委員長)による基調講演。
南開大学から16名の学生と2名の引率教員が来校し、2週間のプログラムで講義、シンポジウム、見学会などが行われます。


日曜日の風景 2004年11月21日(日)

左)今日は工事も休みで静かな構内です。
右)そんな中で、常磐松仮設事務棟前の空地では、演劇研究会が11月25日からの天幕劇場公演(※)に備え作業を行っていました。
※「料理人」11月25日(木)~28日(日)各19時開演(入場無料)とのことです。
 
こちらは学会関係。左は日本言語政策学会が開かれている120周年2号館入口。右は國文學會秋季大会関連で行われた1104教室での図書展示「國學院大學図書館貴重本 古今和歌集を中心として」の様子です。


各種会合など 2004年11月20日(土)

左)秋晴れの中各種学会等が花盛り。前庭噴水前に看板が勢ぞろいしていました。
右)若木育成会のご父母の方々などの見学会も。120周年2号館前で記念写真の様子です。
下)講座「渋谷学」関連行事では元渋谷区長で院友の小倉基さんの講義も。



硬式野球部梅津君ドラフトで指名(17日) 2004年11月19日(金)

本学硬式野球部の梅津智弘君(法4・投手・山形県上山明新館高出身)が、17日(水)に行われたプロ野球ドラフト会議で、広島東洋カープから6順目で指名を受けました。プロでの活躍が期待されます。
写真は左から指名を受けた瞬間の梅津君と取材陣(広島テレビ、中国新聞、山形新聞)、野球場で胴上げ、竹田監督と堅い握手の各場面です。
なお、学報1月号でさらに詳細に取り上げる予定です。(取材:さ)

明日20日(土)は日本文化研究所秋季学術講演会をはじめ各学会、法科大学院進学相談会などが行われます。詳細は大学トップページのWhat's New及び該当各ページなどをご覧ください。


ドラフト速報他 2004年11月17日(水)

【速報】本日のプロ野球ドラフト会議で本学硬式野球部梅津智弘投手が6巡目で広島に指名されました。詳細は後日。

写真左は工事状況。地下部分の掘削が進んでいます。
右は就職課業界セミナーの様子。本日はJAL。多数の学生が詰め掛けています。


USR研究会総会 2004年11月16日(火)

USR(私立大学の社会的責任)研究会の幹事会・総会が本学120周年記念2号館などで開催されました。この研究会は私立大学の社会的責任経営と説明責任を研究するためのもので、故阿部学長が提唱、本学職員も幹事として参加しています。

#文学部名誉教授小川信さんが逝去されました。謹んでご冥福をお祈りいたします。


喫煙コーナー一部移動など 2004年11月15日(月)

左)120周年記念2号館前の喫煙コーナーが道路側に移動になっています。
右)工事関係では一部地下部分の掘削が始まったようです。

 

 


各種講演会等  2004年11月13日(土)

11月の土曜日の午後ということで、各種講演会等が行われています。
左は國學院大學前交差点石垣に貼られた掲示。日本文化を知る講座最終回(台風で予定変更になったため)や院友会館では出版記念会なども行われているようです。
右は図書館のチンギス・ハン関連展示の様子。区立渋谷図書館の講演会参加者のうち希望者(講師や渋谷図書館の担当者も含む)に展示を見てもらいました。(説明者はメディアサービス課長)
なお、下は区立渋谷図書館での講演会の様子です。(水曜日記事参照)
実際の映像ビデオを使った番組制作の苦心談など、なかなか興味深い内容でした。参加者は三十数人(そのうち講演後すぐにこられた方は3人、後で来たいといわれた方数人)でしたが、こういう連携は地元との関係構築に有効な機会ではなかったかと思われます。

※関連情報です。
○葛飾区で11月24日(水)に加藤晋平先生の特別講演会が行われるとのことです。(詳細はこちら、「広報かつしか」の5ページ目(PDFファイルです)をご覧ください)
それにあわせ本学図書館の展示は24日(水)まで延長されます。
○来週16日(火)のNHK教育「視点・論点」で新潟大学白石助教授がチンギス・ハン関連で話される旨上記講演会で話がありました。ただ、NHKのページには違う記載がありますので確認が必要かと思われます。
※本日の「視点・論点」は内容が違うようです。(16日追記)

 


吹野博士記念賞、「チンギス・ハン」関連展示 2004年11月10日(水)

左)吹野安名誉教授を記念した「吹野博士記念賞」の授賞式が行われました。今年の受賞者は赤井益久教授です。(取材:さ)
右&下)先日の「チンギス・ハン宮殿址」考古学的調査記者会見(10月4日記事参照)に関連した展示が図書館1Fカウンター脇で行われています。記者会見時に配付されたCD及びDVD画像の放映、同じく写真や取り上げられた新聞などが展示されています。
また、13日(土)に区立渋谷図書館で行われる下記講演会で、チンギス・ハン関連としてこの発掘成果について触れられる予定です。

※(区立)渋谷図書館講演会『”その時歴史は動いた”製作の舞台裏』、講師:NHK番組担当ディレクター齊藤倫雄氏、日時:11月13日(土)午後2時~4時、場所:渋谷図書館地下集会室、問い合わせは03-3407-7544渋谷図書館まで。(下右ポスター)

 


セクハラ防止講演会など  2004年11月9日(火)

本日10:30から2101番教室にて、学生・院生対象のセクハラ防止講演会が行われました。講師は女性の安全と健康のための支援教育センター運営委員丹羽雅代氏です。田中和子教授の社会学の授業も兼ねていたためもあり、多くの学生が受講していました。


こちらは常磐松1号館脇の樹木の剪定の様子です。ちょっとすっきりしたようです。

#本学元教授古賀英正さん(というより小説家南條範夫として有名)が死去されました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

 


工事状況  2004年11月8日(月)

5日の地鎮祭も終わり、再び工事が始まっています。

 


本部棟(仮称)地鎮祭 2004年11月5日(金)

本日午前10時から本部棟(仮称)の地鎮祭が行われました。


切麻散米(左)、鍬入之儀(中)などの神事が行われました。
右は展示されていた完成模型と予想図です。(取材:さ)

 


工事状況  2004年11月2日(火)

本館(の残りの部分)からみた工事現場。11月5日にはここで地鎮祭が行われる予定です。
なお、トップページ(What's New)にも載っていますが、11月4日の創立記念日は休講(若木祭関連)、かつ休業日で原則として事務室は閉室となります。


 


創立記念祭他 2004年11月1日(月)

本学の創立記念日は11月4日ですが、それに先立って1日に創立記念祭、慰霊祭、永年勤続表彰式が行われました。
上は神殿で行われた創立122周年記念祭。左が参列者、右が神道文化学部学生により奉納された舞です。


こちらは百周年記念講堂で行われた関係物故者慰霊祭。過去に物故された関係者、とくにこの1年間に亡くなられた教職員・学生などを慰霊するお祭りです。

左)永年勤続者表彰式で挨拶する宇梶理事長。
右)永年勤続者等会食会。(取材:さ)


このページに対するお問い合せ先: 広報課

広報
取材日誌
デジタル学報
國學院大學学報縮刷版
プレスリリース
コンテスト
メディアクリップ
ソーシャルメディア
國學院雑誌
國學院大學紀要